広げよう,学びの輪 勉強会へようこそ北海道GIMカンファレンス(北海道札幌市)

北海道で,北海道の医師により,北海道の病院総合医のスタイルを創っていく…

EZO-GIMER

病院総合医,総合診療医とはどんな医師だと思いますか? なかなか明確にイメージしにくいかと思います.北海道GIMカンファレンスは,ケースディスカッションやレクチャーを通して,ともに学び知識や経験を共有し,北海道の総合診療のスタイルを創っていくことを目的として,2012年に発足しました.さまざまな年代の異なる立場(医学生〜上級医,開業医〜勤務医,ジェネラリスト〜スペシャリストまで)で活躍されている方が参加されており,多くの刺激を受けることができます.

全員参加の臨床推論!

構成としては,「臨床推論形式のケースディスカッション」「レクチャーシリーズ」「病院紹介」や「snap diagnosis」からなる約3時間半の会です.メインの臨床推論はclinical problem solving方式で,発表者とファシリテーターしか最終診断を知りません.少しずつ出される情報をもとに展開し,ポイントとなる場面でグループディスカッションを取り入れ,正解を求めるよりも考え方を学び共有できます.あたかも実際の症例をみているような臨場感を体験でき,どなたでも楽しく参加できます.実際のマネジメントについてもディスカッションするので,教科書には書いていない臨床判断を学ぶことができます.ケースの発表者は自薦・他薦問わず広く募集しており,我こそは! という方にも,普段発表する機会の少ない方にも,自分の事例を多数の参加者と共有する場として利用してもらいたいと考えております.

めざすところ

本カンファレンスを通じて北海道で総合診療を志す者のつながりが広がり,知識や経験の共有の場となること,そして最終的には日常診療の向上,北海道全体の医療のレベルアップをめざしています.また病院総合医,総合診療医というなかなかキャリアプランが難しい分野で,不安を抱える医学生や若手医師が,この会を通じ諸先輩方の姿から今後を模索していく手助けになればと思います.総合診療に興味のある医師・医学生・メディカルスタッフの方ならどなたでも参加大歓迎です! 北海道の総合診療を盛り上げましょう!

下谷陽子

江別市立病院 総合内科 後期研修医 下谷陽子
京極町ひまわりクリニックでプライマリケアにふれ,2014年度から江別市立病院に勤務し,攻めて守れるhospitalistをめざして日々奮闘中.

Information

北海道GIMカンファレンス
  • ●参加者数:約50名(医学生,初期研修医,後期研修医,指導医,勤務医,開業医,メディカルスタッフ等)
  • ●活動日・頻度:春,秋,冬と年3回開催.土曜日午後.次回は2016年2月13日(仮決定)に第12回開催予定.最近は北海道大学 会議室棟 症例検討室で開催
  • ●代表者:下谷陽子
  • ●問い合わせ先:にメールをいただくか,もしくはfacebookで北海道gim(病院総合医カンファレンスin北海道)を検索してください

掲載一覧

サイドメニュー開く

TOP