実験医学 1987年12月号 Vol.5 No.13

腎炎発症のメカニズム

  • 黒川 清/企画
  • 1987年11月20日発行
  • B5判
  • 106ページ
  • ISBN 100-0-1987-1200-0
  • 定価:1,500円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

今月は「糸球体機能と腎炎の基礎」と題して,メサンギウム細胞を中心に黒川清先生にまとめていただきました.糸球体腎炎とメサンギウム細胞の増殖との関係は,細胞生物学的アプローチにより明らかになって来たもので,糸球体腎炎発症のメカニズムの解明がすすむにつれて臨床面への応用が期待されます.

目次

特集

腎炎発症のメカニズム−糸球体機能とメサンギウム細胞
企画/黒川 清
糸球体腎炎の発症メカニズム【黒川 清/長瀬光昌】
〔糸球体腎炎の発症メカニズム〕
免疫複合体沈着のメカニズム−膜性糸球体腎炎における上皮下沈着を中心に【小林正貴/小山哲夫】
免疫複合体沈着のメカニズム−in situ IC形成を中心にして【追手 巍】
糸球体腎炎における種々のメディエーター【海津嘉蔵】
非免疫学的な糸球体腎炎の発症機序【長沢俊彦】
〔メサンギウム細胞〕
メサンギウムの構造と機能【山中宣昭】
糸球体腎炎とメサンギウム【重松秀一】
メサンギウム細胞と糸球体濾過−機能面から【武田和司/大原智子】
糸球体濾過の調節とメサンギウム細胞の役割【坂井建雄】
メサンギウム細胞機能のホルモンによる調節【奥田俊洋】
メサンギウム細胞増殖刺激因子【張 漢佶/黒川 清】
糸球体,輸入細動脈の単離灌流法による糸球体機能の解析【菱田 明/大石和久】
糸球体腎炎の臨床−基礎から何が学べるか【清水不二雄】

トピックス

CURRENT TOPICS
クローニングされた劣性癌遺伝子“Rb”の本当らしさ【野田 亮】
アシルホスファターゼのアイソザイムの構造,進化,分布に関する最近の知見【水野佑亮/塩川洋之】
HBワクチンに対する免疫応答と免疫抑制遺伝子【渡辺 洋/奥村 恂/笹月健彦】

連載

Invitation to My Study
src蛋白により誘導される遺伝子【菅野純夫】
Biotechnology
モノクローナル抗体とその応用技術 モノクローナル抗体作製法−電気細胞融合法【大河内悦子/熊谷善博/奥村 康】
実験動物紹介
無胸腺無脾マウス(lasat)【須藤カツ子】
学会・研究会レポート
1987年度ICRF腫瘍ウイルスミーティング「SV40,ポリオーマ,アデノウイルス」【瀬川 薫】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:腎炎発症のメカニズム
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +150円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125277
  • 9784758103831
  • 9784758125260
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker