実験医学 1989年4月号 Vol.7 No.5

癌転移の分子機構

  • 入村達郎/企画
  • 1989年03月20日発行
  • B5判
  • 114ページ
  • ISBN 100-0-1989-0400-0
  • 定価:1,500円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

今月号は「癌転移の分子機構」と題して,ここ数年の間,活発に研究が進められている分子レベルでの癌研究,その中でも最も期待される転移へのアプローチに焦点を絞ってまとめました.癌転移研究という「森」の中で,分子研究もひときわ立派な「木」になりつつあるようで,私共もいちはやく特集できたことを喜んでおります.

目次

特集

癌転移の分子機構
企画/入村達郎
癌転移の分子機構―序論【入村達郎】
潜在的高転移性細胞株の分離とその解析【榎本 平】
細胞外マトリックスと転移【米田雅彦/木全弘治】
メタロプロテイナーゼと癌転移【中島元夫/Garth L. Nicolson】
転移巣における増殖因子【矢守隆夫/鶴尾 隆】
癌細胞の転移形質と関連遺伝子【谷口俊一郎】
ヒト腫瘍の転移と遺伝子変化【横田 淳】
腫瘍細胞に発現する抗原と転移性【松下能文/入村達郎】
腫瘍細胞における多様性の生成と転移【丹羽太貫】

トピックス

CURRENT TOPICS
cAMPによる遺伝子発現調節機構―トランス作動因子としてのリン酸化蛋白質【野田千征子】
内皮細胞由来血管弛緩因子(EDRF)をめぐる最近の話題【重信弘毅】
ミニレビュー
Tリンパ球のレパートリー形成と自己寛容の成立機序―トランスジェニックマウスを用いた実験系で【植松寧史】
GABAA受容体サブタイプの分子生物学【佐藤匠徳】
レセプターとGTP結合蛋白質との連関様式の新しい展開―オピオイドレセプターを例として【植田弘師/佐藤公道】

連載

バイオテクノロジー実験講座 第Ⅲ部 細胞工学的技術
マウス胚の核移植【角田幸生】
疾病研究の最前線14
ATL発症のメカニズム【内山 卓】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:癌転移の分子機構
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +150円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125277
  • 9784758103831
  • 9784758125260
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker