実験医学 1989年10月号 Vol.7 No.14

チロシンキナーゼと情報伝達

  • 春日雅人/企画
  • 1989年09月20日発行
  • B5判
  • 102ページ
  • ISBN 100-0-1989-1000-0
  • 定価:1,500円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

今月は,発癌や増殖因子の情報伝達に極めて重要な関わりをもつチロシンキナーゼを,「チロシンキナーゼと情報伝達」と題して特集いたしました.チロシンキナーゼがどの様にして発癌や細胞増殖を引き起こすのか,具体的な情報が求められる中,企画の春日先生をはじめ,最新研究を網羅したご原稿が並び,大変タイムリーな特集です.

目次

特集

チロシンキナーゼと情報伝達
企画/春日雅人
チロシンキナーゼと情報伝達―序にかえて【春日雅人】
チロシンキナーゼとセリン/スレオニンキナーゼ【小林智子/中村俊一/山村博平】
チロシン特異的脱リン酸化酵素【岡田雅人/中川八郎】
チロシンキナーゼとPI turnover【中西 理/竹縄忠臣】
受容体チロシンキナーゼとリン酸化のカスケード【橋本裕子】
チロシンキナーゼと細胞の癌化―ラウス肉腫ウイルス癌遺伝子産物p60v-srcを主題として【浜口道成】
チロシンリン酸化とIL-3の作用機序【間野博行】
インスリン受容体キナーゼと病態【平良真人/平良真規/橋本尚武/牧野英一】

トピックス

CURRENT TOPICS
細胞核内蛋白質のN-アセチルグルコサミンによる修飾―確認された新しい、糖蛋白質修飾について【助川 淳】
cdc2キナーゼ,チロシンキナーゼ,細胞周期【菅野純夫】
バクテリアの情報伝達における蛋白質のリン酸化の発見【水野 猛/饗場浩文】
神経細胞の壊死とカルシウム仮説【小倉明彦/工藤佳久】
ミニレビュー
プロテオグリカンによる細胞機能の制御機構【山口 祐】
神経軸索の伸展や細胞の移動をガイドする遺伝子【石井直明】

連載

バイオテクノロジー実験講座 第Ⅳ部 遺伝子工学最新技術
cDNA expressionによるレセプター遺伝子のクローニング【山崎勝彦】
シリーズ ベクター―分子生物学・バイオテクノロジー研究の素材として
サブクローニング・塩基配列決定・プローブ作製などに便利なマルチ機能ベクター【斎藤 泉/井上直樹】
エイズ研究速報!
エイズ問題の倫理的展開―エイズ国際大会でのトピックス【大井 玄】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:チロシンキナーゼと情報伝達
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +150円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125277
  • 9784758103831
  • 9784758125260
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker