実験医学 1991年4月号 Vol.9 No.4

免疫系の接着分子と細胞間相互作用

  • 宮坂昌之/企画
  • 1991年03月20日発行
  • B5判
  • 108ページ
  • ISBN 100-0-1991-0400-0
  • 定価:1,500円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

目覚ましい進展をみせる免疫学の研究において,近年,細胞間の接着を司る接着分子の役割がクローズアップされています.そこで今回は,臨床研の宮坂昌之先生にご企画いただいて,現在までに明らかにされている接着分子群とその構造・機能,さらに細胞間相互作用に関与するメカニズムや接着分子の発現調節機構の研究など,最新情報を交えて特集いたしました.

目次

特集

免疫系の接着分子と細胞間相互作用
企画/宮坂昌之
免疫学における接着分子研究の新しい展開【宮坂昌之】
CD4・CD8の発現調節【中山敬一/中内啓光】
リンパ球上のVLA(β1)インテグリンの多彩な機能とその発現【Yoji Shimizu】
マウスT細胞の接着と活性化にかかわる細胞外マトリックスレセプターインテグリン【八木田秀雄】
LFA-1-ICAM-1接着経路の機能的調節機構【玉谷卓也/宮坂昌之】
CD44抗原の機能【三宅健介】
リンパ球ホーミングに関与する糖鎖群【今井康之】
接着分子の発現調節による自己免疫疾患の治療−ラット関節炎モデルに対する抗接着分子抗体の抑制作用【飯郷 裕/東田朋恵/高子 徹/塚田 恒】

トピックス

CURRENT TOPICS
リボソームRNA遺伝子の転写調節因子−新しいDNA結合ドメインをもつ転写因子UBFを中心に【花田賢一】
コロナウイルスゲノムRNAのパッケージング【牧野伸治】
遺伝子治療の可能性−血友病Bをモデルとして【恵美宣彦/斎藤英彦】
拒絶反応を逃れるための新しい細胞移植法−トレランス誘導【中辻孝子】
総説
C型肝炎ウイルス遺伝子のクローニング【森 千里/村上茂樹/高橋善行/石川信義/高見沢昭久/岡山博人】

連載

バイオシグナル実験法シリーズ 情報伝達系基礎実験法<アラキドン酸代謝情報伝達解析法>
アラキドン酸代謝測定法Ⅰ−シクロオキシゲナーゼ系【渡辺恭良/尾上浩隆/吉原良浩/森井博史】
NEWテクノロジー
オンコジーントランスジェニックマウスを用いた不死化細胞株の樹立法【矢内信昭】
学会・研究会レポート
第1回国際シンポジウム 着床前遺伝学【井田憲司】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:免疫系の接着分子と細胞間相互作用
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +150円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125277
  • 9784758103831
  • 9784758125260
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker