実験医学 1992年8月号 Vol.10 No.12

脳の成長因子とグリア細胞

  • 御子柴克彦/企画
  • 1992年07月20日発行
  • B5判
  • 106ページ
  • ISBN 100-0-1992-0800-0
  • 定価:1,500円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

近年の遺伝子工学を駆使した細胞工学的研究の進展により,脳内のグリア細胞の役割がかなり明らかになり,グリア細胞の研究はとても魅力的な領域となっています.今号では,東京大学医科学研究所の御子柴克彦先生のご企画により,特に成長・分化などにかかわる因子に的を絞って,グリア細胞研究の最先端に迫りました.

目次

特集

脳の成長因子とグリア細胞
企画/御子柴克彦
グリア細胞研究の最近の進歩【御子柴克彦】
ニューロンの標的細胞としてのグリア細胞【福井裕行/和田 博】
サイトカインと脳の成長【錫村明生】
血小板由来増殖因子によるグリア細胞の分化制御【渡邊 卓】
アストロサイトにおけるNGF合成調節【古川昭栄/古川美子/林 恭三】
NGF受容体の構造と発現調節【小島正己/池内俊彦/畠中 寛】
神経突起伸展因子とその受容体−シナプス形成と神経再生機構の解明【谷浦秀夫/平 英一/加藤 行/三木直正】
神経分化因子とその受容体研究の新たな展開−垣間みえてきた神経系の発生と進化の統一像【山森哲雄】

トピックス

CURRENT TOPICS
血液系細胞におけるホメオボックスファミリー遺伝子の発現と役割−ホメオボックス遺伝子研究の新しい展開【出口安裕】
Pax,Hox遺伝子群の発生工学的手法による機能解析【山田 源】
受容体型チロシンキナーゼFltと血管内皮増殖因子【渋谷正史】
家族性アルツハイマー病の分子遺伝学【辻 省次/成瀬 聡/宮武 正】

連載

総説
真核細胞RNA ポリメラーゼⅡ系転写基本因子TFⅡB/TFⅡE/TFⅡFのcDNAクローニングおよびそれらの構造モチーフ・機能的役割【大熊芳明/久武幸司/長谷川聡/橋本 茂/堀越正美】
【新連載】発生工学実験法シリーズ
発生工学実験法−企画にあたって【中辻憲夫】
マウス着床後胚の培養と操作【中辻憲夫】
すぐに役立つMacintoshソフト実践講座6
EndNote Plus,EndLink−文献の検索と整理,引用文献のリスト作成に【佐内 豊】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:脳の成長因子とグリア細胞
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +150円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125277
  • 9784758103831
  • 9784758125260
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker