実験医学 1993年5月号 Vol.11 No.7

免疫抑制−その分子機構と免疫抑制剤の応用

  • 浅野茂隆/企画
  • 1993年05月01日発行
  • B5判
  • 104ページ
  • ISBN 100-0-1993-0500-0
  • 定価:1,500円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

“免疫抑制”といえば,今もっとも脚光を浴びているテーマのひとつです.今号では,その分子機構に焦点をあて,さらには臨床現場で応用されているシクロスポリンやFK506などの免疫抑制剤にも迫ってみました.もっともホットな研究現場の息吹を読み取っていただけたら,幸甚に存じます.企画は東京大学の浅野茂隆先生にお願いしました.

目次

特集

免疫抑制−その分子機構と免疫抑制剤の応用
企画/浅野茂隆
<序文>免疫抑制の研究がもたらすもの【浅野茂隆】
サイトカインとサイトカインアンタゴニストによる免疫抑制【内山 卓】
核内ステロイドレセプターとその免疫抑制機序【𠮷田 正/亀田秀人/川合眞一/池田康夫】
接着分子を通じた免疫応答とその機能阻害による免疫抑制【磯部光章/矢崎義雄】
アポトーシス関連Fas抗原のヒト末梢血リンパ球における発現【宮脇利男/上原貴博/岩井和之/田丸陽一】
シクロスポリンAとFK506の免疫抑制の分子機構−標的酵素カルシニューリンを中心に【田村遵一/川田悦夫/松本守生】
自己免疫疾患の免疫抑制療法【廣瀬直人/山本一彦】
骨髄移植における免疫抑制剤の応用【岡本真一郎/浅野茂隆】
臓器移植における免疫抑制剤の応用【八木橋厚仁/岩城裕一】

トピックス

CURRENT TOPICS
ヒト白血病細胞よりクローニングされたロイシンジッパー構造をもつ新しい転写調節遺伝子,HLF【稲葉俊哉】
リンパ球系細胞におけるサイ卜カイン受容体を介したシグナル伝達【澁谷浩司/谷口維紹】
小胞体から核への情報伝達にもリン酸化が関与【森 和俊】
p53機能異常とヒト子宮頸癌ならびに肉腫の悪性化機構【村上善則】
卜ロンボキサン合成酵素と新しい誘導型シクロオキシゲナーゼ【宮田篤郎/小坂哲也/田辺 忠】

連載

Developmental biotechnology[発生工学実験法シリーズ]
ポジショナルクローニングによる発生分化遺伝子の単離−その戦略の概要【今井賢治】
学会・研究会レポート
現代生物科学における小型実験魚類−第7回バイオサイエンストレーニングコースに参加して【石川裕二】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:免疫抑制−その分子機構と免疫抑制剤の応用
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +150円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125277
  • 9784758103831
  • 9784758125260
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker