実験医学:未知なるリンパ〜全身にはり巡らされた循環・免疫・がん転移の新たなネットワーク
書籍を購入する
実験医学 2017年2月号 Vol.35 No.3

未知なるリンパ

全身にはり巡らされた循環・免疫・がん転移の新たなネットワーク

  • 渡部徹郎/企画
  • 定価 2,000円+税
  • 2017年01月発行
  • B5判
  • 143ページ
  • ISBN 978-4-7581-0160-8
  • 販売状況: 注文可能
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人体の「下水道」として働きつつ,免疫の恒常性を保ち,がん細胞転移の経路となるリンパ系.免疫細胞が体を巡るメカニズム,転移のニッチを作る機構に加え,超微小手術やSN生検など臨床と基礎をつなぐ話題も充実.

《企画者のことば》

われわれの体の恒常性は,血管による末梢組織における物質交換により維持されている.血管から漏れ出た組織液(リンパ)はリンパ管を介して血管へ還流されることで閉鎖循環系が維持されており,リンパ管の機能不全はリンパ浮腫の原因となる.また,リンパ球(免疫細胞)が循環しているリンパ系は生体防御の場として重要な役割を果たしており,免疫機能のバランスがとれなくなると炎症が引き起こされる.さらに,がんのリンパ節転移は予後不良因子であり,がんの診断・治療においてリンパ行性がん転移機構の解明は急務である.つまり,リンパ系は微小循環と免疫を制御し,リンパ浮腫,炎症,がん転移という疾患に深く関与する重要な全身ネットワークである.近年リンパ学において多くのブレイクスルーが生まれつつあり,本特集ではさまざまな観点から,その最前線を紹介する.

目次

特集

未知なるリンパ
全身にはり巡らされた循環・免疫・がん転移の新たなネットワーク
企画/渡部徹郎
概論—今まさに変わりつつあるリンパ学【渡部徹郎】
われわれの体の恒常性は,血管による末梢組織における物質交換により維持されている.血管から漏れ出た組織液(リンパ)はリンパ管を介して血管へ還流されることで閉鎖循環系が維持されており,リンパ管の機能不全はリンパ浮腫の原因となる.また,リンパ球(免疫細胞)が循環しているリンパ系は生体防御の場として重要な役割を果たしており,免疫機能のバランスがとれなくなると炎症が引き起こされる.さらに,がんのリンパ節転移は予後不良因子であり,がんの診断・治療においてリンパ行性がん転移機構の解明は急務である.つまり,リンパ系は微小循環と免疫を制御し,リンパ浮腫,炎症,がん転移という疾患に深く関与する重要な全身ネットワークである.近年リンパ学において多くのブレイクスルーが生まれつつあり,本特集ではさまざまな観点から,その最前線を紹介する.
リンパ管とリンパ節の形成と維持を司る分子機構【吉松康裕】
リンパ管もリンパ節も単に水分や脂肪を多く含むリンパの回収のみならず,リンパ球をはじめとする細胞成分を通過させ免疫における監視と防御の場としても重要な役割を果たす.リンパ管の発生は静脈からの分化および分離,弁の形成と複数のステップが存在し,それぞれを司る転写因子を中心とした分子機構が明らかになってきた.リンパ節の発生はリンパ組織オーガナイザー細胞とリンパ組織誘導細胞の相互作用が重要であり,免疫にもかかわる接着分子やケモカインが形成過程に重要な役割を果たす.
ライブイメージングが明かすリンパ管系形成のメカニズム【磯貝純夫,斉藤絵里奈,下田 浩】
循環する血管系とは異なり,盲端にはじまる毛細リンパ管叢は集合管系へと集まり,ヒトでは最終的にすべての系は頸部で静脈に注ぎ“リンパ”を血管系に戻す.その重要性にもかかわらず,頭部・頸部・胸部・腹部・四肢・内臓器官に階層性をもって分布するリンパ管系の形成過程は謎に包まれている.リンパ管内皮を特異的に標識する分子マーカーとモデル動物小型魚類の出現は百年以上にわたって続いた論争に決着をつけたかに思われた.しかし,最新の研究結果は発生のメカニズムが予想したよりも複雑であることを示し,新たな論争を巻き起こしている.
腸と四肢のリンパ循環の違いに依存したリンパ機能特性【大橋俊夫,河合佳子,前島大輔】
これまでのリンパ学におけるわれわれの研究成果から著者らはリンパ循環学,自然免疫学,腫瘍学を連結した「新しいリンパ学」創生の必要性を提唱してきた(J Physiol Sci, 65:51-66, 2015)1).本稿では,その新しいリンパ学の重要性を再認識していただくために,血漿タンパク質,特にアルブミンのリンパ系を介した再循環機構の腸と四肢との相異点から,スターリング仮説,リンパ産生機構,水分・長鎖脂肪酸吸収特性,自然免疫機構を見直し,その生理学的意味と意義について解説した.
リンパ球と血管内皮細胞リンパ管内皮細胞との相互作用研究に関する新展開【竹田 彰,宮坂昌之】
最近,リンパ球と血管内皮細胞,リンパ管内皮細胞との相互作用に関する研究が再び動き出している.本稿では,最初にリンパ球と血管内皮細胞間相互作用を概説した後,しだいに明らかになりつつあるリンパ管内皮細胞の新しい機能を特に免疫学的な立場から紹介し,最後に,これまで用いられている培養リンパ管内皮細胞に関する問題点についても触れる.
炎症とリンパ管新生ー治療標的としてのリンパ管リンパ組織の可塑性【馬嶋正隆,天野英樹,細野加奈子】
「リンパ管」,その存在は100年以上も前から知られてきたが,その生成機構,生体内調節因子の解明が進んだのはごく最近であり,今でも次々と新しい発見が続くホットな研究分野である.炎症反応は,免疫系と並んで生体防御にとって重要であり,両者には共通の“役者”が登場することも少なくない.炎症反応の基盤には,脈管の反応がある.炎症時にはリンパ管のダイナミックな構造および機能変化,すなわち神経系のそれと類似した“可塑性”が認められる.本稿では,炎症反応とリンパ管,リンパ組織の可塑性を制御する因子の役割を概説し,炎症反応が基盤に存在する病態を対象に,可塑性を治療標的とすることの意義について紹介したい.
がんのリンパ節転移ーそのメカニズムと治療への応用【島田理子,竹内裕也,北川雄光】
がんのリンパ行性転移にはがんのリンパ管新生が密接に関与しているが,そのメカニズムはまだ明らかでないことも多い.近年,がんのリンパ行性転移のメカニズムが注目されており,なかでもセンチネルリンパ節(SN)はがんの転移が最初に生じるリンパ節であることから,リンパ行性転移を考えるにあたって重要な役割をはたしていると考えられる.がんのリンパ管新生について最新の知見に触れるとともに,がんのリンパ管新生の阻害による臨床応用の可能性について述べる.また,SNにおける局所免疫抑制機構とリンパ行性転移の中で果たす役割についてその概要を述べる.
リンパ浮腫治療の最前線ー世界に発信するリンパ管細静脈吻合術【光嶋 勲,山下修二,吉田周平,播摩光宣,成島三長】
浮腫発生機序はリンパ管閉塞が起こると直後から集合リンパ管の平滑筋細胞の変性と再生が起こる.その後も閉塞が続くと再生筋は消失し皮下の脂肪増殖や線維化が起こるものと思われる.ICG蛍光検査法は集合リンパ管の還流機能を直接見ることができ潜在性浮腫の早期診断と浮腫の予後判定に有用である.リンパ浮腫の予防と治療としては,リンパ管細静脈吻合術(LVA)が有効で1990年以後世界に発信された.LVAは,リンパ浮腫例において,うっ滞したリンパ液を静脈系に還流させるバイパスを作成する超微小術式である.LVAの適応は,四肢や頭頸部のリンパ浮腫で,早期浮腫,骨盤内リンパ嚢胞,乳び腹水などのほか浮腫の予防的治療,重症浮腫例も適応がある.

連載

News & Hot Paper Digest
1細胞内,スフェロイド内の温度分布に迫る【鈴木 団】
tRNA脱メチル化酵素による翻訳制御の発見ーグルコース濃度により翻訳を制御するしくみ【黒川理樹】
創薬に向けた超安定なペプチドの設計【富井健太郎】
インスリン産生を行っていてもまだ未熟?ー成熟した膵β細胞のマーカーを発見【田蒔基行】
次世代シークエンサーの薬事承認に向けた日本の状況【永井純正】
カレントトピックス
クマムシのゲノムから発見した新規タンパク質Dsupはヒト培養細胞の放射線耐性を向上させる【橋本拓磨,國枝武和】
細胞老化関連分泌現象のマスターレギュレーターとしてのNOTCHシグナル【成田匡志】
リジン48/63分岐型ユビキチン鎖はNF-B経路の調節因子である【大竹史明,佐伯 泰,田中啓二】
ヒト,サル,マウスにおける多能性発生座標の解明【中村友紀,斎藤通紀】
Next Tech Review
光と超音波を融合して生体の内部をイメージングする:光音響イメージング【石原美弥】
クローズアップ実験法
FANTOMの成果を利用しようーFANTOM5 SSTARによるプロモーター毎の発現データへのアクセス【伊藤陽介,川路英哉】
いま、がんのクリニカルシークエンスがおもしろい!
ctDNA解析による膵臓がん個別化治療の可能性【髙井英里奈】
ラボで実践! コミュニケーション術
「先生,装置を壊してしまいました…」❷【竹本佳弘】
つながる、産と学の手
「学」の視点ーアカデミアでの創薬シーズと人材のインキュベーション—京都大学の取り組みを例に【早乙女周子,寺西 豊,成宮 周】
Campus & Conference 探訪記
世界のウイルス研究者が手をとり合い感染症の脅威に立ち向かう!ー第8回グローバルウイルスネットワーク国際会議【森山美優】
予防医学の扉を開く 食品に秘められたサイエンス
アミノ酸による骨格筋機能の制御【亀井康富,畑澤幸乃,三浦進司】
私のメンター
David J. Andersonー研究の神様に愛でられし神経科学者【向山洋介】
ラボレポート独立編
たどり来て,未だ山麓ーWashington University School of Medicine【吉野 純】
Opinion
研究の現場でCGを使うには【太田 将】

関連情報

本書中に掲載された広告をご紹介します.より詳細な資料を希望される方は,こちらのページから資料請求いただくことができますので,該当企業にチェックを付け,下記の「資料請求する」をクリックして,資料の送付先をご入力ください.

掲載広告一覧・資料請求

(株)医学書院  [後付6]詳細
岩井化学薬品(株)  [後付4]詳細
エッペンドルフ(株)  [記事中466]詳細
カクタス・コミュニケーションズ(株)  [前付2]詳細
(株)高研  [表3]詳細
コーンズテクノロジー(株)  [記事中465]詳細
(一財)材料科学技術振興財団  [前付1]詳細
ザルトリウス・ステディム・ジャパン(株)  [表4]詳細
CSTジャパン(株)  [前付8]詳細
(株)ゼネティックス  [後付8]詳細
(株)ダイナコム  [後付3]詳細
(株)ダナフォーム  [記事中473]詳細
(株)東京化学同人  [後付2]詳細
(株)ニッピ  [後付1]詳細
ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン(株)  [表2]詳細
(株)ペプチド研究所  [後付5]詳細
広告代理店
株式会社エー・イー企画
101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:未知なるリンパ〜全身にはり巡らされた循環・免疫・がん転移の新たなネットワーク
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +690円
第2地帯(ヨーロッパ) +690円
第3地帯(アフリカ、南米) +890円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

9784758120715
9784758101967
9784758101851
9784758101370
9784758103459
世界に冠たるNo.1テキスト、フルカラーで大刷新!(MEDSI)
www.medsi.co.jp/book...
安価で共培養もできるコラーゲンゲルがお勧め!
www.atelocollagen.co...

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • VarsityWave eBooks
  • M2PLUS eBookStore
  • Kinoppy
  • 医書.jp