実験医学増刊 Vol.24 No.8

ゲノムワイドに展開する

エピジェネティクス医科学

DNAメチル化・タンパク質修飾の制御システムから疾患解明と創薬をめざした解析技術まで

  • 中尾光善,塩田邦郎,牛島俊和,佐々木裕之/編
  • 2006年05月12日発行
  • B5判
  • 239ページ
  • ISBN 978-4-7581-0270-4
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

様々な生命現象の基盤として,学問的にも産業的にも注目されているエピジェネティクスのレビュー集.多彩な制御システムからエピジェネティクス関連疾患の解明・網羅的解析技術の紹介まで,最新のトピックスが満載.

目次

概論:生命の原点に挑むエピジェネティクス医科学【中尾光善】

  • エピジェネティクスの制御システム
  • タンパク質の翻訳後修飾によるエピジェネティック・マーク
  • 染色体と細胞核の分子構造と機能
  • 生命現象に共通する分子基盤
  • エピジェネティクス制御異常とヒト疾患
  • 最新の解析ストラテジーとエピジェネティクス創薬

第1章 エピジェネティクスの制御システム

1. DNAのメチル化修飾【田嶋正二,竹島秀幸,坂本秀樹,末武 勲】

  • DNAのメチル化修飾
  • DNAメチル化模様の形成
  • ゲノムメチル化模様の維持

2. 構造的クロマチン因子〜遺伝子発現とゲノム安定性の調節【渡邉すぎ子,上田泰明,坂本快郎,赤星慎一,関田陽子,中尾光善】

  • メチル化DNA結合タンパク質とHP1
  • HMGタンパク質(high mobility group proteins)

3. ヒストンバリアントによるエピジェネティックなクロマチンダイナミクス制御【浦 聖恵,金田安史】

  • リンカーヒストンH1
  • ヒストンH2A

4. クロマチン再構築因子【梶谷卓也,三笠昌樹,伊藤 敬】

  • クロマチン再構築因子
  • クロマチン再構築複合体の単離・同定
  • クロマチン再構築のメカニズム
  • クロマチン再構築複合体とヒストン修飾酵素

5. ポリコーム群タンパク質複合体によるエピジェネティックな転写制御のメカニズム【遠藤充浩,古関明彦】

  • ショウジョウバエの前後軸形成へのPcG遺伝子産物の関与
  • PcGタンパク質複合体の分類
  • PcGタンパク質によるヒストン修飾
  • 標的遺伝子座へのPcGタンパク質集積のメカニズム
  • PcGタンパク質による標的遺伝子の発現抑制のメカニズム
  • PcGタンパク質によるエピジェネティックメモリーは,DNA複製・細胞分裂をどう超えるか?
  • PcGタンパク質と幹細胞の未分化性維持機構

6. クロマチンインスレーターの構造と機能【石原 宏,中尾光善】

  • クロマチンインスレーターの活性
  • インスレーター活性の分子機構

7. RNAによるクロマチン構造の制御【中山潤一】

  • ヘテロクロマチン構造形成の分子機構
  • RNAとヘテロクロマチン構造形成

第2章 ヒストン等のタンパク質修飾

1. アセチル化による転写制御機構と疾患への応用【田形勇輔,北林一生】

  • アセチル化修飾の制御因子
  • アセチル化修飾による転写制御機構
  • 疾患とアセチル化

2. タンパク質メチル化修飾の機能と制御【眞貝洋一】

  • タンパク質メチル化修飾とその修飾酵素
  • タンパク質メチル化修飾のもつタンパク質機能制御の実体
  • 脱メチル化活性の実体

3. ヒストンのリン酸化〜動的なエピジェネティクスを担う修飾【広田 亨】

  • ヒストンのリン酸化によるクロマチン機能の制御
  • 染色体の構築とヒストンのリン酸化
  • さまざまな細胞活動に関与するヒストンのリン酸化
  • ヌクレオソームの多様性をつくるヒストン・バリアント

4. タンパク質のポリADP-リボシル化【益谷美都子】

  • ポリADP-リボシル化と転写制御
  • クロマチン構造変換
  • 細胞分化の制御

5. SUMOによるクロマチンの修飾制御【斉藤寿仁,内村康寛,三代 剛,宇和田淳介,水流添 周】

  • SUMO化反応
  • SUMO結合モチーフ
  • SUMOはクロマチン制御に関わる
  • SUMO化はメチル化修飾とヘテロクロマチン制御に関わる

第3章 染色体と細胞核構造

1. 染色体の構造と機能【久郷裕之,中野星児,押村光雄】

  • セントロメア
  • テロメア
  • non-coding RNA
  • クロマチン構造の動的変動がもたらす発現制御

2. 細胞核構造とその機能【斉藤典子,青戸隆博,丁 秀鎮,中津有子,中尾光善】

  • 細胞核内構造体とダイナミクス
  • 遺伝子の非ランダムな核内配置
  • 核膜病の分子メカニズム

第4章 生命現象との関わり

1. 哺乳類胚発生におけるエピジェネティック変化【田中 智,服部 中,塩田邦郎】

  • 生殖細胞のDNAメチル化状態
  • 受精後のDNAメチル化動態
  • 遺伝子領域のDNAメチル化機構

2. 幹細胞分化とエピジェネティクス〜神経幹細胞をモデルとして【神山 淳,高塚絵理子,中島欽一】

  • 神経幹細胞の生物学
  • 神経幹細胞分化とエピジェネティクス

3. 市民権を得たセネッセンス【成田匡志】

  • 細胞老化とは
  • セネッセンスとクロマチン変化
  • Rb(Retinoblastoma)とエピジェネティクス
  • セネッセンスの意義

4. 生殖細胞とゲノムインプリンティング【金田正弘,佐々木裕之】

  • ゲノムインプリンティングとは
  • 片親特異的発現の分子機構
  • インプリンティングのサイクル
  • インプリンティングの進化

5. 体細胞クローンとエピジェネティクス【幸田 尚,金児-石野知子,石野史敏】

  • クローンマウスの異常
  • 遺伝子の異常

6. 体細胞核再プログラム化とエピジェネティクス【多田 高】

  • 哺乳類体細胞核の再プログラム化
  • 未分化細胞核のエピジェネティクス
  • 転写制御とクロマチン構造
  • 細胞融合による再プログラム化の分子機構
  • 体細胞核移植による再プログラム化とエピジェネティクス

第5章 エピジェネティクスと疾患

1. レトロウイルス感染症におけるエピジェネティクスの意義〜感染制御への応用【松岡雅雄】

  • ヒト免疫不全ウイルス
  • ヒトT細胞白血病ウイルス
  • ウシ白血病ウイルス

2. 癌におけるエピジェネティックな異常【大河内(a田)江里子,牛島俊和】

  • 癌でのDNAメチル化異常
  • 癌でのヒストン修飾の異常
  • DNAメチル化異常を誘発する要因
  • DNAメチル化異常の臨床的応用

3. マイクロRNAの特徴と病態関連性【北條浩彦】

  • miRNAの成熟プロセスとmiRNAの特徴
  • miRNAとエピジェネティクス
  • miRNAとターゲット遺伝子,そして疾患との関連性

4. インプリンティング関連疾患【副島英伸,太田 亨,向井常博】

  • Beckwith-Wiedemann症候群(BWS)
  • Prader-Willi症候群(PWS),Angelman症候群(AS)
  • Silver-Russell症候群(SRS)
  • 偽性副甲状腺機能低下症(PHP)
  • 新生児一過性糖尿病(TNDM)
  • 胞状奇胎(HM)
  • インプリンティングと癌
  • インプリンティング関連疾患と生殖補助医療

5. 精神神経障害とエピジェネティクス異常【長井 薫,久保田健夫】

  • 栄養因子・薬剤によるDNAメチル化量の変化と精神発達
  • 子育て行動の精神発達への作用に関わるエピジェネティクス
  • レット症候群とエピジェネティクス
  • 統合失調症とエピジェネティクス
  • アルツハイマー病とエピジェネティクス

6. DNAメチル化と遺伝子制御とトランスポゾン〜シロイヌナズナを用いたアプローチ【佐瀬英俊,角谷徹仁】

  • エピジェネティック変異とDNAメチル化
  • DNAメチル化とトランスポゾン,ヘテロクロマチン
  • RNAiとトランスポゾンサイレンシング

第6章 最新の解析ストラテジーとエピジェネティクス創薬

1. ゲノムワイドなエピジェネティクス解析【油谷浩幸】

  • タイリングアレイによるエピゲノム解析
  • ゲノムワイドなメチル化DNA検出法

2. DNAメチル化のゲノムワイドなプロファイリング技術【畑田出穂】

  • 二次元電気泳動を用いた方法
  • サブトラクションを用いた方法
  • マイクロアレイを用いた方法

3. エピジェネティクス制御化合物と創薬【古米亮平,伊藤昭博,吉田 稔】

  • エピジェネティクス異常と癌
  • HDAC阻害剤の抗癌活性
  • 抗癌剤としてのエピジェネティクス制御化合物
  • HDAC阻害剤の物質生産への応用

4. エピゲノムプロジェクトに向けて【八木慎太郎,塩田邦郎】

  • エピゲノムとは
  • エピゲノム計画に向けた動き
  • ヒトエピゲノム計画の解析対象
  • ヒトエピゲノム計画から期待される効果
  • ヒトエピゲノム計画に向けた技術的課題

関連情報

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:ゲノムワイドに展開する エピジェネティクス医科学〜DNAメチル化・タンパク質修飾の制御システムから疾患解明と創薬をめざした解析技術まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +540円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +960円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1230円
第2地帯(ヨーロッパ) +1230円
第3地帯(アフリカ、南米) +1610円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2360円
第2地帯(ヨーロッパ) +2600円
第3地帯(アフリカ、南米) +3080円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103831
  • 9784758122436
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758125239
  • 9784758120968
  • 9784758125208

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker