実験医学増刊 Vol.25 No.20

粘膜免疫からの感染と免疫応答機構

体の入口から呼吸器・消化器,生殖器,皮膚までの制御システム

  • 清野 宏/編
  • 2007年11月20日発行
  • B5判
  • 217ページ
  • ISBN 978-4-7581-0287-2
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

近年ワクチンなどの開発にも盛んに利用され始めた今,注目の粘膜免疫に焦点を当て,体内のあらゆる組織・臓器の免疫応答機構の最新知見を解説.これまでにはなかった視点から免疫の“今”を知ることができる1冊

目次

第1章 身体の入口における免疫機構

1. 眼表面の免疫システム:アレルギー性結膜炎動物モデルを用いた解析【福島敦樹,上野脩幸】

  • 眼表面における免疫システム
  • アレルギー性結膜炎重症化におけるT細胞の重要性
  • T細胞活性化制御による結膜好酸球浸潤に及ぼす影響:共刺激分子の役割
  • Th2細胞活性化に影響を与える細胞集団のアレルギー性結膜炎発症に及ぼす影響

2. 眼表面の自然免疫と眼表面炎症性疾患【上田 真由美,木下 茂】

  • 眼表面の非特異的感染防御機構
  • 眼表面固有の自然免疫機構
  • 眼表面炎症性疾患について

3. 中耳・耳管の免疫システム【児玉 悟,鈴木正志】

  • 粘膜免疫の観点から見た中耳・耳管の解剖学的特徴
  • 中耳・耳管の免疫システム
  • 粘膜免疫実効組織としての中耳・耳管と特異的免疫応答の誘導
  • 中耳における自然免疫
  • 中耳炎ワクチン

4. インフルエンザ菌感染と粘膜ワクチン【黒野祐一,田中紀充】

  • インフルエンザ菌の検出頻度
  • インフルエンザ菌に対する免疫応答
  • インフルエンザ菌と粘膜免疫
  • インフルエンザ菌ワクチン

5. 口腔粘膜の自然免疫【上原 亜希子,菅原 由美子,高田 春比古】

  • TLR系分子を介する菌体成分の認識
  • NOD系分子を介する菌体成分の認識
  • 口腔粘膜における自然免疫応答

6. 口腔感染症【寺尾 豊,川端重忠】

  • 口腔感染症-う蝕-
  • 細菌性の口腔感染症-歯周病-

7. 口腔感染症に対するワクチン開発【山本正文】

  • 粘膜免疫の誘導メカニズム
  • 口腔免疫システムの特徴とワクチン開発

第2章 空気の通り道における感染・免疫機構

1. 呼吸器関連リンパ組織の組織形成と免疫学的機能【福山 聡,長竹貴広,清野 宏】

  • 呼吸器粘膜免疫におけるNALTの特徴
  • NALT組織形成のユニーク性
  • iBALT形成メカニズムとその免疫学的機能
  • 上気道粘膜免疫誘導メカニズムとNALT

2. 気道粘膜の自然免疫 〜SLPIによる結核菌感染防御機構【西村潤一,竹田 潔】

  • 気道粘膜に関与する細胞
  • 感染防御を担う抗菌タンパク質
  • SLPIの結核菌感染に対する抗菌作用

3. 肺炎球菌感染と肺内自然免疫〜自然免疫リンパ球による感染防御【川上和義】

  • NKT細胞
  • γδT細胞

4. IL-17によるマイコバクテリア感染制御機構【梅村正幸,松崎吾朗】

  • IL-17の基礎知識
  • マイコバクテリア感染に対する免疫応答におけるIL-23の役割
  • マイコバクテリア感染に対する免疫応答におけるTh17細胞とIL-17の役割
  • マイコバクテリア感染に対する免疫応答におけるγδT細胞とIL-17の役割

5. インフルエンザウイルスの感染機構【堀本泰介】

  • ヒトインフルエンザウイルスの感染動態
  • 鳥インフルエンザウイルスの感染機構

6. インフルエンザに対する感染防御免疫【吉田玲子,高田礼人】

  • インフルエンザウイルスの構造とウイルスタンパク質の機能
  • ウイルスに対する免疫反応
  • 粘膜免疫系
  • 抗体によるウイルス感染性中和
  • ウイルス亜型の違いと交差感染防御
  • 新型インフルエンザウイルスと粘膜免疫誘導ワクチン

7. 抗結核防御免疫と結核菌による免疫制御【河村 伊久雄,光山正雄】

  • 結核菌の感染動態
  • 結核菌に対する感染防御

第3章 消化器官での病原体と宿主の攻防

1. 腸管における自然免疫機構【植松 智,審良静男】

  • 自然免疫
  • TLRs(Toll-like receptors)
  • 腸管におけるTLRの役割
  • NLRs(NOD-like receptors)

2. 腸管上皮細胞層を介した抗原の取り込み機構【大野博司】

  • 腸管上皮細胞による腸内抗原取り込み
  • M細胞を介する抗原取り込み経路
  • 樹状細胞による腸管管腔抗原の取り込み

3. 新規IL-12ファミリーサイトカインIL-23/IL-27による感染免疫制御機構【吉田裕樹】

  • IL-12サイトカインファミリー
  • IL-23と新しいTh細胞集団“Th17”
  • IL-27によるTh1細胞誘導と炎症抑制

4. 小腸粘膜固有層に存在する好酸球:免疫制御細胞としての可能性について【倉重隆明,張 明浩,深水玲子,郭 子進,中野嘉子,小野寺 俊晴,宮坂昌之】

  • 好酸球とは
  • 小腸粘膜固有層の好酸球

5. ビタミンによる腸管免疫担当細胞の配備と機能制御【岩田 誠】

  • ビタミンA欠損による腸管組織リンパ球の消失
  • 腸組織へのリンパ球ホーミングの機序
  • T,B細胞上のα4β7発現はビタミンAに依存する
  • RAによる小腸特異的ホーミング受容体の発現誘導
  • DCによるT細胞へのホーミング特異性の刷り込みとRAの生成
  • RAによるB細胞のホーミング特異性の制御とIgA抗体産生の促進
  • すでに感作された機能的T細胞のホーミング特異性をRAで制御できるか?

6. 脂質メディエーターによる腸管免疫制御【國澤 純,清野 宏】

  • S1Pによる分泌型IgA産生制御
  • 上皮細胞間リンパ球の遊走制御におけるS1Pの関与
  • 腸管免疫疾患におけるS1Pのかかわり

7. ヘリコバクター・ピロリによる胃炎発症におけるパイエル板の重要性【永井重徳,小安重夫】

  • H. pyloriと胃上皮細胞との相互作用
  • H. pyloriとTh1反応
  • H. pyloriと抗原特異性
  • H. pylori抗原によるCD4T細胞のプライミング
  • 球状H. pyloriとPP

8. 次世代型経口ワクチンによる粘膜感染症予防法の開発【野地智法,清野 宏】

  • 粘膜感染症
  • 粘膜免疫システムを応用した粘膜ワクチン
  • 次世代型粘膜ワクチン

9. 免疫能に及ぼす腸内常在菌の多様性解析と機能【辨野義己】

  • ヒト腸内常在菌叢をどのようにとらえるのか?
  • 免疫能におよぼす腸内常在菌の機能

第4章 生殖器の感染症

1. 女性生殖器における免疫機構【早川 智,真島洋子,相澤 志保子】

  • 子宮内膜・脱落膜の粘膜免疫
  • 上皮細胞
  • マクロファージと樹状細胞
  • NK細胞
  • 脱落膜T細胞
  • γδT細胞
  • Th1/Th2パラダイムとその限界
  • 抑制性免疫応答の内分泌支配

2. HIV粘膜感染と感染防御免疫【守屋智草,俣野哲朗】

  • HIV粘膜感染
  • HIV慢性持続感染症
  • 抗体
  • CTL
  • CTL機能の評価について

3. ヘルペスウイルスと粘膜免疫【佐川かよ,岩崎明子】

  • ヒトにおけるヘルペス感染症
  • HSVに対する免疫応答
  • 潜伏感染・再活性化についての最近のトピック
  • ワクチン開発

第5章 皮膚の免疫機構

1. 皮膚免疫と天疱瘡【石井 健,天谷雅行】

  • 天疱瘡-表皮の細胞接着機能の障害によって生じる疾患
  • 患者血清を用いた天疱瘡の自己免疫応答の研究
  • 天疱瘡モノクローナル抗体レパートリーの解析

2. IL-18とアトピー性皮膚炎【今井康友,中西憲司】

  • IL-18の産生・分泌機構
  • ケラチノサイトからの過剰なIL-18分泌が原因で起こる内因性AD
  • SpA塗布によるADモデルマウス

3. 皮膚免疫を応用したワクチン【権 美那】

  • 粘膜免疫と粘膜ワクチン
  • 皮膚免疫
  • 経皮ワクチン

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:粘膜免疫からの感染と免疫応答機構〜体の入口から呼吸器・消化器,生殖器,皮膚までの制御システム
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +540円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +890円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1140円
第2地帯(ヨーロッパ) +1140円
第3地帯(アフリカ、南米) +1490円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103831
  • 9784758122436
  • 9784758125260
  • 9784758122429
  • 9784758103817
  • 9784758125239
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker