ライフサイエンス論文を書くための英作文&用例500[ライフサイエンス英語シリーズ]
書籍を購入する

ライフサイエンス論文を書くための英作文&用例500

  • 河本 健,大武 博/著 ライフサイエンス辞書プロジェクト/監
  • 定価 3,800円+税
  • 2009年10月発行
  • B5判
  • 229ページ
  • ISBN 978-4-7581-0838-6
  • 販売状況: 在庫あり 
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好評ライフサイエンス英語シリーズの決定版.主要な学術誌約150誌,7,500万語をもとに文章パターンを徹底解析.スラスラ書くコツは主語と動詞の選び方にあった!とにかくすぐに書き始めたい人にオススメ

内容見本
内容見本1内容見本2内容見本3
PDFダウンロード

「ライフサイエンス英語シリーズ書籍」についてはこちらからご覧ください.

【Online Supplemental Data】論文でよく使われる「名詞+of」のリストと「冠詞」の頻度
ダウンロード
(※「xls」形式のファイルをZIP形式で圧縮しています)

目次

第1部:主語が肝心 日本人が間違いやすい英作文のポイント9

1 論文の書き方のコツ

  • 1. 書く前に下準備を十分しよう!
  • 2. どこから書きはじめるか?
  • 3. 日本語で下書きをするな!
  • 4. まずは主語:日本語と英語の発想の違い
  • 5. 英語になりやすい日本語:ロジックを磨こう
  • 6. 英文の2大パターン

2 まず主語を決めよう

  • 1. 論文でよく使われる主語
  • 2. 論文らしい長めの主語のつくり方
  • 3. 主題を無視して英語らしい主語—動詞の骨格をつくる
  • 4. 主語と動詞の組み合わせの選び方
  • 5. weはすべての基本
  • 6. 日本人が間違いやすい用法(「もの」に使えない動詞)

3 文の柱となる“主語—動詞”の骨格を決めよう

  • 1. 背景・仮説・結論に関連する名詞と動詞の使い分け
  • 2. 「著者・分析研究・研究」各分類の名詞に対する動詞の使い分けの関係
  • 3. 「研究内容に関連する名詞」と動詞の使い分け
  • 4. 主語と動詞の選び方のコツ

4 動詞に続けて使われる語句—目的語・補語・副詞句

  • 1. 動詞+名詞(句)
  • 2. 自動詞+形容詞(補語)
  • 3. 動詞+前置詞(副詞句)

5 受動態の使い方

  • 1. 受動態が好まれる場合
  • 2. 受動態が好まれない場合
  • 3. よく使われる受動態の表現

6 時制の決め方

  • 1. 現在形,過去形,現在完了形の使い分け
  • 2. セクションごとの時制の使い分け

7 助動詞の使い方

  • 1. 可能性を表す助動詞
  • 2. 予想を表す助動詞
  • 3. 能力を表す助動詞
  • 4. 必要・義務を表す助動詞

8 副詞の使い方

  • 1. 程度を表す副詞
  • 2. 可能性の副詞

9 名詞の可算・不可算と冠詞の使い方

  • 1. 冠詞の基本ルール
  • 2. 名詞の可算・不可算と冠詞の決め方
●プラスα:冠詞使い分けの法則の徹底攻略
  • 定冠詞を付けるときの基本ルール/「名詞+of」に用いられる冠詞のパターン
  • 「名詞+ to do」に用いられる冠詞のパターン
  • 「同格のthat節」を伴う名詞に用いられる冠詞ののパターン
●プラスα:冠詞の心
  • 「聞き手の意識」を意識する
  • 冠詞ひとつで意味はこんなにも変わる
  • チャーリィ・ゴードンの日記にみる英語の約束事
  • theを使いすぎる日本人
  • firstの前にaが付くこともある

第2部:主語別にみる 主語-動詞の組み合わせ+例文500

1章「著者・論文」を主語にする文をつくる

主語
  • we / author / paper / article / report / review
よく組み合わせて使う動詞
i. 解釈・結果
  • report / show / demonstrate / suggest / conclude / describe / review / discuss / present / provide / summarize / propose
ii. 同定
  • find / identify
iii. 計画・遂行
  • examine / study / investigate / test / use / compare / analyze / assess / evaluate / explore / focus on / address

2章「分析研究」を主語にする文をつくる

主語
  • study / investigation / experiment / work / research / analysis / assay / test / examination / comparison / imaging
よく組み合わせて使う動詞
i. 解釈・結果
  • suggest / indicate / show / reveal / demonstrate / confirm / establish / provide / allow / support / describe
ii. 計画・遂行
  • be designed to / be performed / be conducted / be carried out / be done / be undertaken / be needed / be required / be used / examine
iii. 性質
  • include / be based on
iv. 同定
  • identify / find / detect

3章「研究結果」を主語にする文をつくる

主語
  • result / data / finding / observation / evidence / model / structure / sample
よく組み合わせて使う動詞
i. 解釈・結果
  • suggest / indicate / demonstrate / show / reveal / establish / confirm / imply / argue / raise the possibility / provide / support / implicate / highlight / define / allow / be confirmed / be presented / exist
ii. 計画・遂行
  • be discussed / be compared / be analyzed / be collected / be obtained
iii. 同定
  • be observed / be found

4章「方法」を主語にする文をつくる

主語
  • method / approach / strategy / methodology / procedure / protocol / technique / technology / system / model / hypothesis / conclusion
よく組み合わせて使う動詞
i. 計画・遂行
  • be used / be employed / be performed / be applied / be developed / be tested
ii. 解釈・結果
  • be described / result in / allow / provide / offer
iii. 性質
  • use / be based on / require / involve / be supported

5章「研究対象」を主語にする文をつくる

主語
  • mouse / cell / patient / mutant
よく組み合わせて使う動詞
i. 性質
  • show / exhibit / display / produce / fail to
ii. 経過
  • develop / undergo / die
iii. 同定
  • be found / be identified / be isolated
iv. 計画・遂行
  • be treated / be generated / be infected / be injected / be exposed / be examined / be analyzed / be studied

6章「現象」を主語にする文をつくる

主語
  • event / mutation / variation / formation / assembly / synthesis / phosphorylation / apoptosis / replication / proliferation / growth
よく組み合わせて使う動詞
i. 発生・同定
  • occur / be observed / be found / be detected
ii. 性質
  • be associated with / be required / require
iii. 結果
  • result in
iv. 変化
  • increase / be increased / decrease / be reduced / be blocked / be inhibited

7章「もの」を主語にする文をつくる

主語
  • mRNA / gene / protein / receptor / domain / complex / factor / molecule / construct
よく組み合わせて使う動詞
i. 性質
  • be expressed / contain / include / be required / play / mediate / form / be used / bind to / be regulated / be localized / be located / appear / be involved in / be associated with / be known
ii. 同定
  • be found / be identified / be detected / be observed / be isolated
iii. 解釈・結果
  • appear / be known
iv. 変化
  • be induced / be increased

8章「疾患」を主語にする文をつくる

主語
  • infection / disease / disorder / defect / deficiency / dysfunction
よく組み合わせて使う動詞
i. 性質
  • be characterized / result in / lead to
ii. 解釈・結果
  • be associated with
iii. 疾患の発生
  • occur / be caused by

9章「処理・治療」を主語にする文をつくる

主語
  • treatment / therapy / stimulation / stimulus
よく組み合わせて使う動詞
i. 結果
  • result in / lead to / cause / evoke / induce / increase / reduce
ii. 変化
  • induce / increase / reduce
iii. 性質
  • be associated with / include
iv. 計画・遂行
  • be initiated / be discontinued

10章「場所」を主語にする文をつくる

主語
  • site / region / locus / residue
よく組み合わせて使う動詞
i. 同定
  • be found / be identified / be mapped
ii. 性質
  • be located / be required / be involved in / contain / be conserved
iii. 計画・遂行
  • be mutated / be replaced

11章「変化」を主語にする文をつくる

主語
  • change / alteration / shift / increase / enhancement / induction / activation / decrease / reduction / inhibition / repression / suppression / loss / deletion
よく組み合わせて使う動詞
i. 発生・同定
  • occur / be observed / be found / be seen / be detected
ii. 性質
  • be associated with / correlate with / require / be mediated / involve / be accompanied by
iii. 解釈・結果
  • suggest / appear / result in / lead to
iv. 変化
  • increase / be blocked / be inhibited

12章「機能」を主語にする文をつくる

主語
  • function / mechanism / pathway / signaling / process / regulation / transcription
よく組み合わせて使う動詞
i. 性質
  • be required / require / involve / be involved in / be regulated / be mediated / depend on / be associated with / regulate / mediate / play / be used
ii. 解釈・結果
  • remain / appear / contribute to / result in / lead to
iii. 発生・同定
  • occur / be found / be observed
iv. 変化
  • be initiated / be blocked / be inhibited

13章「関係」を主語にする文をつくる

主語
  • effect / response / interaction / association / correlation / relation / difference / resistance
よく組み合わせて使う動詞
i. 発生・同定
  • occur / be observed / be found / be seen / be noted / be detected
ii. 性質
  • be associated with / be mediated / require / exist
iii. 変化
  • be blocked / be inhibited
iv. 解釈・結果
  • suggest / appear

14章「定量値」を主語にする文をつくる

主語
  • activity / expression / level / production / concentration / dose / value / rate / ratio
よく組み合わせて使う動詞
i. 変化
  • increase / decrease / be increased / be elevated / be reduced / be decreased / be induced / be enhanced / be inhibited / be suppressed / be blocked / range from
ii. 性質
  • require / be associated with / correlate with / be required / depend on / be mediated / be regulated
iii. 解釈・結果
  • result in / lead to / appear / remain
iv. 発生・検出
  • occur / be observed / be found / be detected
v. 計画・遂行
  • be measured / be determined / be assessed / be examined / be evaluated / be calculated

15章「目的」を主語にする文をつくる

主語
  • purpose / aim / objective / goal
よく組み合わせて使う動詞
i. 遂行・評価
  • be to determine / be to examine / be to investigate / be to assess / be to evaluate / be to test / be to compare / be to develop
ii. 同定
  • be to identify
iii. 解釈・結果
  • be to characterize / be to define
書評・感想
  • 英語論文を書いた経験の浅い私でも使い勝手が良い本です。このような内容は、経験的に各研究者が身に付けるか、それとも自分用の科学英語文例集を書き貯めして得られるような内容だと思います(大学研究職員)
  • 非常に役立つ即戦的な例文があり助かっています(大学研究職員)
  • 実際に論文を書いているが、使用単語・構文等結構役に立っている(企業研究職)
  • 英作文作成の基本と用例の2部構成となっており、最初から読み進めることで、英語論文を書く自信がわいてきました。今まで何となく経験的に英文をつくっていましたが、データを元にした明快な説明で、頭の中が非常にクリアになったことを実感できました(勤務医)

ライフサイエンス辞書プロジェクト監修 ライフサイエンス英語シリーズ

頻度分析 know 用例数:17,705 ①(be)known to 用例数:4,189 ②little is known about 用例数:1,698 ③it is not known whether 用例数:229 ④it is known that 用例数:164

すべての書籍で,論文での使用頻度を表記.

論文執筆の即戦力になるロングセラー.多くの研究者に愛用されています

  • 英米から発表されたライフサイエンス分野の学術論文(約100誌)の抄録データベース解析をもとに執筆
  • ネイティブがよく使う重要な語句・表現を頻度とともに収録しており,“英語らしい”自然な論文の執筆,国際学会での発表に備えた英語力の習得に役立ちます!

論文執筆時の辞典として,英文法や英単語・表現の習得に,用途に応じてご活用ください.

辞典
ライフサイエンス英語類語使い分け辞典 ライフサイエンス英語表現使い分け辞典 ライフサイエンス英語動詞使い分け辞典 ライフサイエンス必須英和・和英辞典 改訂第3版
学習書
ライフサイエンス文例で身につける英単語・熟語 ライフサイエンス組み合わせ英単語
参考書
ライフサイエンス論文作成のための英文法 ライフサイエンス論文を書くための英作文&用例500

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】ライフサイエンス英語シリーズ「ライフサイエンス論文を書くための英作文&用例500」
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +304円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +890円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1140円
第2地帯(ヨーロッパ) +1140円
第3地帯(アフリカ、南米) +1490円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

医育機関名簿2016-'17
医療統計セミナー 論文読解レベルアップ30
音声DL版 国際学会のための科学英語絶対リスニング
医師のためのノンテク仕事術
ライフサイエンス英語表現使い分け辞典 第2版
医師のための介護・福祉のイロハ
ビッグデータ 変革する生命科学・医療
AteloGeneは同分野でのin vivo核酸導入実績もあり!
www.atelocollagen.co...

電子専門書店で購入する

ライフサイエンス論文を書くための英作文&用例500』は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • m2plus
  • ナレッジワーカー
  • メディカルオンライン
  • VarsityWave eBooks
  • kinoppy