実験医学増刊 Vol.20 No.2

ここまで分かった形づくりのシグナル伝達

細胞極性・細胞運動制御から情報伝達破綻による疾病まで

  • 竹縄忠臣,帯刀益夫/編
  • 2002年01月21日発行
  • B5判
  • 279ページ
  • ISBN 978-4-89706-089-7
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

シグナル伝達の研究は新規因子同定などの「発見」の時代から,タンパク質の個体での機能解析など,よりマクロな視点での「機能解析」の時代へと変わりつつあります.そのなかで,時間的,空間的に制御されたシグナル伝達はいかにして細胞の極性や卵の不等分裂などを司っているのか,というメカニズムの解明が研究の主流の1つとなっています.本書では,今注目の細胞極性・運動制御のシグナル伝達を中心に,さまざまな臓器,器官が特定の時期に特定の部位で形成されるメカニズムの根本に迫り,さらに研究の最近の動向から疾病研究まで徹底解説しています.ぜひ御一読ください.

目次
概論 多細胞生物の情報伝達                  竹縄忠臣
第1章 細胞内シグナル伝達の最近の動向
 1.真核細胞のmRNA動態を制御する新規Gタンパク質ファミリー
                     荒木保弘,星野真一,堅田利明
 2.三量体Gタンパク質を介するシグナル伝達とオーファンレセプター
                               黒瀬 等
 3.Rhoファミリー低分子量Gタンパク質による細胞の運動と接着の制御機構
                福原淳範,入江賢児,中西宏之,高井義美
 4.神経系におけるチロシンキナーゼの役割      中澤敬信,山本 雅
 5.細胞内シグナル伝達におけるプロテインホスファターゼの役割
   −酵素の構造から細胞接着・個体発生まで
                     菊池 九二三,島 礼,田沼延公
 6.カルシニューリン・NFATの制御システム           芝崎 太
 7.情報伝達におけるドメイン構造の多様性と認識の普遍性    西村善文
 8.MAPキナーゼカスケード             山中洋昭,西田栄介

第2章 細胞極性,接着,細胞運動制御のシグナル伝達
1 細胞極性と細胞局在
 1.PAR-aPKCカセットと細胞極性形成            大野茂男
 2.PDZドメインによる機能分子の局在制御と情報クロストーク
                土田邦博,松崎高志,山川哲生,杉野 弘
 3.酵母における細胞極性形成と非対称分裂の制御機構
                    入江賢児,多々内智史,松本邦弘
 4.ショウジョウバエ卵母細胞における極性形成とRNA局在・翻訳調節
                          矢野 環,松居靖久
2 細胞接着の機序
 1.細胞膜裏打ちタンパク質による細胞接着/細胞骨格とシグナル伝達の制御
                               木岡紀幸
 2.カドヘリン・カテニン複合体とシグナル伝達関連因子
                               永渕昭良
 3.ネクチン-アファディン系による細胞間接着の形成機構
                山本泰憲,入江賢児,中西宏之,高井義美
 4.細胞外マトリックス分子による細胞の接着と運動の制御
   −ラミニン5を例として        苅谷慶喜,坪田芳明,宮崎 香
3 細胞運動の制御
 1.WASPファミリータンパクによる細胞運動制御        山口英樹
 2.Ephファミリーレセプターと細胞移動       田中正光,椙村春彦
 3.細胞遊走におけるチロシンキナーゼPYK2の多様な役割    沖垣光彦
 4.S1PレセプターEdgによるRhoファミリ−Gタンパクと
   細胞運動の二方向性制御−血管形成との関連        多久和 陽
 5.Smad2シグナルによる個体発生制御            野村政壽
第3章 発生・分化・形態形成に関わるシグナリング
 1.RhoファミリーGTPaseのGEFによる線虫C. elegansの
   excretory canalの発生制御               鈴木教郎
 2.血液/血管系幹細胞の分化増殖制御   尾池雄一,浜田浩一,須田年生
 3.造血幹細胞と間質細胞の細胞間相互作用
                     大久保 直,矢内信昭,帯刀益夫
 4.形態形成におけるWntシグナル伝達経路の役割
                      小林雅史,岸田昭世,菊池 章
 5.ステロイドホルモンレセプターによる発生分化の制御
                      加藤茂明,吉村公宏,中村 貴
 6.視蓋/小脳の分化とFGFシグナル          佐藤達也,仲村春和

第4章 シグナリングと病態
 1.アポトーシスの制御機構                  田中信之
 2.小胞体ストレスによる細胞死の分子機構と疾患   西頭英起,一條秀憲
 3.リゾ脂質性メディエーターの機能と病態           岡島史和
 4.老化と寿命制御におけるシグナル伝達             森 望
 5.タンパク質の品質管理と神経変性疾患            田中啓二
 6.Fcレセプターによる免疫制御機構    秋山健一,貫和敏博,高井俊行
 7.糖尿病とシグナル伝達障害
           門脇 孝,山内敏正,戸辺一之,寺内康夫,窪田直人
書評・感想
  • 研究から抄読会まで幅広く使え、確実に分かっている情報と最新だがまだ確からしさに欠ける情報とが正確に区別されている。参考文献も大御所が多い。

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:ここまで分かった形づくりのシグナル伝達〜細胞極性・細胞運動制御から情報伝達破綻による疾病まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +540円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1100円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1410円
第2地帯(ヨーロッパ) +1410円
第3地帯(アフリカ、南米) +1850円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1820円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2540円
第2地帯(ヨーロッパ) +2800円
第3地帯(アフリカ、南米) +3420円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758125277
  • 9784758103831
  • 9784758125260
  • 9784758125253
  • 9784758125246
  • 9784758103817
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker