破骨細胞

破骨細胞は単球/マクロファージ系前駆細胞を由来とし,細胞融合を繰り返して分化した多核の巨細胞である.破骨細胞は骨基質に接着すると極性化して,骨吸収を行うための特徴的な形態を示し,自らと骨の間隙に酸を放出して無機質を溶出する.またcathepsin Kなどのタンパク質分解酵素も分泌して,㈵型コラーゲンを主とする有機質を分解する.

実験医学増刊 Vol.26 No.20

参考書籍

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオキーワード集:索引


A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
数字 その他