Vol.2 英文構造の特徴はこれだ!! No.2 英文は,たった4つの品詞で成り立っている! [超基本の英文法-英語の語順に親しむ]

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.2 英文構造の特徴はこれだ!!

No.2 英文は,たった4つの品詞で成り立っている!

「超・英文法マニュアル(かんべやすひろ/著,研究社)」によると,「英語は結局4品詞の話しかない!」そうである.この4品詞とは名詞動詞形容詞副詞のことである.もちろんそれ以外にも品詞はたくさんあるのだが,これら4品詞を名詞相当語句,動詞相当語句,形容詞相当語句,副詞相当語句に言い換えれば,確かにほとんどの英文の構成要素この4つに分類できる.このことを理解すれば,文の構造がさらによくわかるようになる.たとえば,以下の<例文8>の場合を考えてみよう.

<例文8>

The prediction of protein structure is viewed as a great challenge for scientists.

名詞(主語)形容詞句動詞副詞句

(タンパク質構造の予測は,科学者にとって大きな挑戦であるとみなされている)

ここでは、The predictionが主語(名詞),of protein structureが前の名詞を説明(修飾)する形容詞句,is viewedは動詞, as a great challenge for scientistsは動詞を説明する副詞句である.実はこの切り分けには次のようなちょっとしたコツがある.①名詞の分類に入るのは主語(S),目的語(O),補語(C)に使われる名詞のみで,句の中の名詞は名詞とはみなさない.②形容詞については,単独で補語(C)となるものだけが形容詞である。③名詞の前に置かれた形容詞は形容詞とはみなさず,「形容詞+名詞」をセットで名詞とみなす.④一方で,主語・目的語・補語を後ろから修飾する形容詞句・形容詞節は,形容詞が使われていなくても形容詞に分類する.⑤副詞には副詞句・副詞節も含まれる.⑥形容詞を修飾する副詞は,形容詞とセットで考える.このようにするとかなりすっきりと分類できるようである.図1例文8のように色分けするとよくわかるので試してみよう.

あなたは論文を読むときに,単語の日本語訳だけをノートに並べて,適当につなぎ合わせて理解しようとしていないだろうか? 英語を読むときには,まず主語を見つけ,同時に英文を4つの成分に切り分ける作業を行ってみよう.

<ここがポイント>

  • 英文は,名詞,動詞,形容詞,副詞の4つの要素に分けられる.英文を読むときには,全体をどのように分割できるか考えるようにしよう.

<123>Page2/3


プロフィール

河本 健(Takeshi Kawamoto)
広島大学大学院医歯薬学総合研究科助教.広島大学歯学部卒業,大阪大学大学院医学研究科博士課程修了,医学博士.高知医科大学助手,広島大学助手,講師などを経て現職.専門は,口腔生化学・分子生物学.概日時計の分子機構,間葉系幹細胞の再生医療への応用などを研究している.大学院生対象の論文英語の講義も担当している.

おすすめ書籍

ライフサイエンス英語類語使い分け辞典
国際学会のための科学英語絶対リスニング
日本人研究者が間違えやすい英語科学論文の正しい書き方
科学英語論文の赤ペン添削講座
ライフサイエンス文例で身につける英単語・熟語