News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

きまぐれな膵β細胞

徳島大学内分泌代謝内科 田蒔基行

ンスリンは生体内で唯一,血糖降下作用を有するホルモンである.インスリンは膵β細胞より分泌されるが,その細胞重量は人体内でわずか1g程度とされる.糖尿病患者さんでは,膵β細胞量の減少に伴ってインスリン分泌が低下するために,膵β細胞量減少のメカニズムに関する研究は活発に行われている.ヒトやマウスにおいて高血糖状態が長期間遷延すると膵β細胞が障害され,これがさらなる高血糖状態を招くという悪循環は

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年8月号 Vol.32 No.13
エピゲノムの本質はヒストンバリアントにあった!
生命の暗号を秘めた核内のパズル

胡桃坂仁志/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート