News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

きまぐれな膵β細胞

徳島大学内分泌代謝内科 田蒔基行

ンスリンは生体内で唯一,血糖降下作用を有するホルモンである.インスリンは膵β細胞より分泌されるが,その細胞重量は人体内でわずか1g程度とされる.糖尿病患者さんでは,膵β細胞量の減少に伴ってインスリン分泌が低下するために,膵β細胞量減少のメカニズムに関する研究は活発に行われている.ヒトやマウスにおいて高血糖状態が長期間遷延すると膵β細胞が障害され,これがさらなる高血糖状態を招くという悪循環は

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年8月号 Vol.32 No.13
エピゲノムの本質はヒストンバリアントにあった!
生命の暗号を秘めた核内のパズル

胡桃坂仁志/企画

新刊・近刊  一覧

超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス
レドックス疾患学
理系総合のための生命科学 第4版
がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む
総力戦で挑む老化・寿命研究
あなたのラボにAI(人工知能)×ロボットがやってくる
ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A
はじめの一歩の病理学 第2版
ヒト疾患のデータベースとバイオバンク
The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト
科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版
脳神経ペディア 「解剖」と「機能」が見える・つながる事典
認知症 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?
実験医学増刊 Vol.35 No.10 がん代謝 ワールブルグを超えて全容解明に挑む
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート