News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

色素性乾皮症はミトコンドリア病だった?

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 武田弘資

伝性皮膚疾患として知られる色素性乾皮症(XP:xeroderma pigmentosum)では紫外線に対する皮膚の感受性がきわめて高く,がん発生率も高い.その亜群のA群(XPA)で原因遺伝子(XPA遺伝子)が同定されてから病因解明が進み,DNA修復異常が皮膚症状の主因であることが明らかとなっている.一方,XPAは高頻度で神経変性を伴うが,その原因は依然として不明である.

Fangらは,自らが構築した

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年8月号 Vol.32 No.13
エピゲノムの本質はヒストンバリアントにあった!
生命の暗号を秘めた核内のパズル

胡桃坂仁志/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート