News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

細胞内の生理的なRNA構造をゲノムワイドで解析する

埼玉医科大学ゲノム医科学研究センター 黒川理樹

RNAの細胞内での機能は多岐にわたり,その解明は現代生物学の主要課題の1つであるが,生理的なRNA構造の解析法は確立されていない.今回,RNA研究のフロンティアを拓くHoward Changらが,細胞内RNAの4種の塩基のプロファイリングを可能にする,icSHAPE(in vivo click selective 2′-hydroxyl acylation and profiling experiment)法を開発した

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年7月号 Vol.33 No.11
酸素シグナルが細胞機能を揺り動かす!
NormoxiaからHypoxiaまで全身で行われるファインチューニング

田久保圭誉/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート