News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

脂質ラフト形成において細胞膜内外が共役するしくみ

東北大学大学院医工学研究科 神崎 展

質二重層からなる細胞膜では,各種の脂質分子や膜タンパク質などが不均一に集合・離散をくり返すことによって,ナノメートルスケールの機能的にも組成的にも特殊性の高い微小領域が形成されている.脂質ラフト(lipid rafts)とも知られるこの微小領域ではコレステロールとスフィンゴ脂質が豊富であり,これらの脂質に親和性を有するタンパク質もより高密度に存在するが,その形成メカニズム,特に脂質二重層の内側と外側間の相互関係性などについては不明な点が多かった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年7月号 Vol.33 No.11
酸素シグナルが細胞機能を揺り動かす!
NormoxiaからHypoxiaまで全身で行われるファインチューニング

田久保圭誉/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート