News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

Hsp70-Bag3相互作用は新たながん治療の標的となるか?

京都大学大学院医学研究科薬剤疫学分野 堀部智久

ートショックタンパク質70(Hsp70)は,タンパク質のホメオスタシスや細胞の生存に重要な役割を担う分子シャペロンであり,近年,がん細胞内におけるその発現パターンやノックダウンによる影響,さらには,いくつかの阻害剤による細胞増殖抑制効果から魅力的ながん治療の標的となりつつある(Evans CG, et al:J Med Chem, 53:4585-4602, 2010/Kang Y, et al:J Med Chem, 57:1188-1207, 2014).近年,同じHSPファミリーのHsp90に対する阻害剤は,AUY922など数種類に関して臨床試験が実施されている(Doi T, et al:Cancer Chemother Pharmacol, 74:629-636, 2014).しかしながら,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年8月号 Vol.33 No.13
睡眠と覚醒のサイエンス
なぜ眠るのか? その分子実体は? どう制御できるのか?

櫻井 武/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート