News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

プロスタグランジン分解酵素阻害剤が切り拓く,新たな組織再生医療

ペンシルバニア大学 妹尾 誠

ロスタグランジンは,1930年代の発見当初,前立腺(prostate gland)が産生する生理活性物質であると考えられたことに,その名の由来がある.しかし,その後の研究により,プロスタグランジンは,ヒトのさまざまな臓器で産生され,機能していることが知られている.特にプロスタグランジンE2(PGE2)は,平滑筋収縮,血管拡張,発熱,骨吸収などのさまざまな生理活性を示す.また,最近の研究により,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年9月号 Vol.33 No.14
最新 がん免疫療法
抗PD-1抗体,CAR-T細胞療法から,Neoantigenを標的としたがん制御機構まで

玉田耕治/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート