News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

がん抑制タンパク質p53による新たな細胞死誘導機構

国立長寿医療研究センター 三河隆太,杉本昌隆

胞死にはアポトーシスやオートファジーなどのさまざまな形態が知られているが,近年これらとは異なる新たな細胞死機構が存在することが報告された.がん細胞においてアミノ酸トランスポーターSLC7A11を阻害すると,細胞内に脂質活性酸素種(lipid ROS)が蓄積し,細胞死が誘導される.このような現象は鉄依存的に起こることから,フェロトーシス(ferroptosis)と名付けられた

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年9月号 Vol.33 No.14
最新 がん免疫療法
抗PD-1抗体,CAR-T細胞療法から,Neoantigenを標的としたがん制御機構まで

玉田耕治/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート