News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

遺伝子の転写にはトポイソメラーゼ1によるDNAねじれの解消が必要だった

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 黒川理樹

RNAポリメラーゼⅡ(RNA polymerase Ⅱ:Pol Ⅱ)は,真核生物遺伝子の転写を進める主要な酵素複合体である.これまでの転写研究は,PolⅡに関連するTFⅡBやTFⅡDなどの基本転写因子による,転写開始前複合体(preinitiation complex:PIC)の形成から,転写開始・伸長などの過程が注目されてきた.今回,DNAトポイソメラーゼ(topoisomerase1:TOP1)によるDNAねじれの解消が転写の進行に重要であることが示され,新たな視点が提示された(Baranello L, et al:Cell, 165:357-371, 2016).

転写開始に伴い,転写開始点(TSS)近傍にはDNAのねじれ(supercoiling,超らせん)が生じる.DNAらせんと逆向きの負の超らせんは,二重らせんを緩め転写開始を促進するが,正の超らせんは,転写の開始・伸長を阻害する.筆者らは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年7月号 Vol.34 No.11
記憶―その瞬間に脳で何が起きているのか?
記憶を形成し、維持し、呼び起こすメカニズム

林 康紀/企画/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート