News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

遺伝子の転写にはトポイソメラーゼ1によるDNAねじれの解消が必要だった

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 黒川理樹

RNAポリメラーゼⅡ(RNA polymerase Ⅱ:Pol Ⅱ)は,真核生物遺伝子の転写を進める主要な酵素複合体である.これまでの転写研究は,PolⅡに関連するTFⅡBやTFⅡDなどの基本転写因子による,転写開始前複合体(preinitiation complex:PIC)の形成から,転写開始・伸長などの過程が注目されてきた.今回,DNAトポイソメラーゼ(topoisomerase1:TOP1)によるDNAねじれの解消が転写の進行に重要であることが示され,新たな視点が提示された(Baranello L, et al:Cell, 165:357-371, 2016).

転写開始に伴い,転写開始点(TSS)近傍にはDNAのねじれ(supercoiling,超らせん)が生じる.DNAらせんと逆向きの負の超らせんは,二重らせんを緩め転写開始を促進するが,正の超らせんは,転写の開始・伸長を阻害する.筆者らは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年7月号 Vol.34 No.11
記憶―その瞬間に脳で何が起きているのか?
記憶を形成し、維持し、呼び起こすメカニズム

林 康紀/企画/企画
「実験医学600号を一緒に作ろう!」特別アンケート

新刊・近刊  一覧

糖尿病 研究の“いま”と治療の“これから”
今すぐ始める! メタゲノム解析 実験プロトコール
All Aboutゲノム編集
マウス表現型解析スタンダード
研究留学のすゝめ!
はじめの一歩の生化学・分子生物学 第3版
実験医学増刊 Vol.34 No.17 再生医療と疾患解明の鍵となる組織幹細胞
やさしく学べる がん免疫療法のしくみ
実験医学増刊 Vol.34 No.15 遺伝子制御の新たな主役 栄養シグナル
新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!
科研費申請書の赤ペン添削ハンドブック
時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍

用語解説

臨床医学系書籍TOPページ(総合)へはこちらからどうぞ
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート