News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

Click-EM―生体分子を電子顕微鏡で観察する新しい手法

岐阜薬科大学薬化学研究室 平山 祐

「超解像蛍光顕微鏡の開発」に関してノーベル化学賞が授与されたのは記憶に新しいが(2014年),電子顕微鏡(電顕)の世界では何十年も前から超解像蛍光顕微鏡(20 nm程度)を圧倒的に上回る1 nm以下の分解能での観察が可能であった.にもかかわらず,生体観察の用途では蛍光法に比べて大きく遅れをとっている.その理由の1つは,蛍光顕微鏡では蛍光指示薬により容易に標的分子を可視化でき,その種類が多岐にわたるのに対し,電顕ではそういった有用な試薬・手法がきわめて限られていることに起因する.特に,脂質,糖鎖,核酸といったタンパク質以外の生体分子については適した抗体を作成するのも難しく,電顕による標的分子の検出・解析といった分野はかなり立ち遅れていた.これに対して最近,Ngo,Tsienらのグループにより,小分子のみを用いて非タンパク質性生体分子を選択的にマーキングし,電顕観察する画期的な技術が報告された(Ngo JT, et al:Nat Chem Biol, 12:459–465, 2016)ので紹介したい.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年12月号 Vol.34 No.19
coding RNAルネッサンス
RNA暗号を読み、スプライシング機構を知り、疾患治療に迫る!

片岡直行,前田 明/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート