News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

「記憶素子」プリオンがいっぱい

東京工業大学科学技術創成研究院 田口英樹

ンパク質性の感染因子と定義されるプリオンは,もともとは羊のスクレイピーや狂牛病など哺乳類の伝達性海綿状脳症の研究から概念が確立したあと,1990年代半ばになって出芽酵母にもその概念が広まった.最近では,アルツハイマー病などを含む多くのアミロイドーシスにおいてもプリオン的な伝播が起こっていることが受け入れられている.これまで同定されているプリオンの構造上の特徴は哺乳類,酵母のどちらもアミロイド性のタンパク質凝集体である.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年12月号 Vol.34 No.19
coding RNAルネッサンス
RNA暗号を読み、スプライシング機構を知り、疾患治療に迫る!

片岡直行,前田 明/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート