News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

クラスター型プロトカドヘリンの本領発揮なるか 複雑ニューラルネットワークの結合ルール解明に向けて

生理学研究所 足澤悦子

における情報処理は,複雑な神経回路を介して行われている.その情報処理メカニズムの解明には,複雑に見える神経回路がどのようなルールに従って形成されているかを知る必要がある.これまで単一細胞レベルの神経結合特異性にかかわる分子メカニズムはまったくわかっていなかったが,細胞系譜と神経結合の関係がはじめて示されたことによって,その糸口が見えてきた.Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのShiらのグループは,発達期の大脳皮質において,同じ神経幹細胞から分化した姉妹細胞間優先的に一方向性シナプス結合が形成されることを示した(Yu YC, et al:Nature, 458:501-505, 2009).この細胞系譜依存的な神経結合は,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年4月号 Vol.35 No.6
食欲と食嗜好のサイエンス
体外からの味・匂いと、体内の栄養情報に揺り動かされる決断のメカニズム

佐々木 努/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
発光イメージング実験ガイド
AIとがん研究 その妥当性、有効性
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
食品衛生学 改訂第2版
がん生物学イラストレイテッド 第2版
HLAと疾患感受性
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート