News & Hot Paper Digest
トピックス

エントーシスによる細胞死が線虫の形態形成で機能する

国立遺伝学研究所 木村 暁

C. elegansはシドニー・ブレンナー博士が多細胞生物に関する諸問題にアプローチするためのモデル生物として選択し,これまでに多くの重要なメカニズムを明らかにしてきた.代表的なものとしてプログラム細胞死のメカニズム解明がある.カスパーゼ酵素を必要とするアポトーシスがプログラム細胞死として有名だが,現在ではプログラム細胞死は13種類に分類されている1)

このうちエントーシス(entosis)は2007年にOverholtzerらによって命名された細胞死である.エントーシスにはカスパーゼは必要なく,細胞は隣接する細胞に貪食されることにより死ぬ.エントーシスは当初,がん細胞において観察され2),その後,マウス着床時の子宮内膜管腔上皮細胞3)や,カメ精巣での精子の細胞死4)もエントーシスであることがわかってきた.しかし,個体発生の形態形成過程にエントーシスが寄与するかの報告はなかった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年7月号 Vol.37 No.11
細胞老化の真機能
加齢性疾患に対する新たな治療戦略を狙え

原 英二/企画

新刊・近刊  一覧

微生物学
いま、本格化する 遺伝子治療
PAIN—痛み
はじめの一歩の薬理学 第2版
生理学・生化学につながる ていねいな化学
iPS細胞のいま
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート