News & Hot Paper Digest
ニュース

タンパク質立体構造予測―AlphaFoldの衝撃

学振PD/東北大学大学院情報科学研究科 中村 司

ンパク質の立体構造の情報はタンパク質の機能を理解するうえで重要である.しかし,タンパク質を構成するアミノ酸配列しかわかっていないタンパク質の数は,立体構造がわかっているタンパク質の数よりも圧倒的に多い.そのため,立体構造の予測技術の開発は重要な研究課題の一つである.

立体構造予測技術の客観的な評価を目的として,世界的規模で行われる立体構造予測のダブルブラインドテストであるCASP(community wide experiment on the Critical Assessment of techniques for protein Structure Prediction)が,1994年より2年に1度開催されている.2018年には13回目となるCASP13が行われた.CASPでは,近々実験的に構造が決定される予定のタンパク質のアミノ酸配列情報を,実験を行っているチームからもらい,この配列情報を問題として公開する.参加チームはこの問題に対して予測構造を解答として提出する.CASP13では90問出題され,207のチームが参加した.CASP13では,さまざまある部門のなかの一つ,Topology部門(構造が新規のトポロジーの場合でも予測することを志向している部門)において,DeepMind社のAlphaFoldが2位以下に大きく差をつけ1位となった.手法の詳細は論文の出版が待たれるところであるが,2018年12月の会議において概要は公開されたので紹介する.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年7月号 Vol.37 No.11
細胞老化の真機能
加齢性疾患に対する新たな治療戦略を狙え

原 英二/企画

新刊・近刊  一覧

新時代が始まったアレルギー疾患研究
もっとよくわかる!炎症と疾患
臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患
決定版 オルガノイド実験スタンダード
Rをはじめよう生命科学のためのRStudio入門
心不全のサイエンス
ゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程
カエル教える 生物統計コンサルテーション
現代生命科学 第2版
腸内細菌叢 健康と疾患を制御するエコシステム
研究者・留学生のためのアメリカビザ取得完全マニュアル
イメージングの選び方・使い方100+
はじめてでもできてしまう科学英語プレゼン
教科書を書き換えろ!染色体の新常識
動き始めた がんゲノム医療
あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?
脳神経回路と高次脳機能
細胞・組織染色の達人
脂質クオリティ
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート