News & Hot Paper Digest
トピックス

第二の生体の窓を利用した光シート顕微鏡の新展開

ハーバード大学/マサチューセッツ総合病院 柏木 哲

体を観察する顕微鏡システムには通常の蛍光顕微鏡,共焦点顕微鏡,多光子励起顕微鏡などが用いられてきたが,いずれも励起光を試料に照射して放射される蛍光を励起と共通の対物レンズで行う.この方法では,焦点以外の試料も照射するので,光路にある蛍光の褪色や,焦点面以外の迷光が画像の質を落とすという欠点があった.また,生体試料では励起光照射による光毒性も問題となる.特に,脳のような反射率の少ない生体の組織の観察ではサンプルにダメージを与える可能性が高かった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年9月号 Vol.37 No.14
HLAと疾患感受性
自己免疫・アレルギー疾患やがんにおける“自己”の役割

荒瀬 尚/企画

新刊・近刊  一覧

完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
脳の半分を占める グリア細胞
再定義されるタンパク質の常識
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート