News & Hot Paper Digest
トピックス

改変マクロファージ利用の細胞療法が固形がんへの有効性を示唆

MSA Partners

ンシルベニア大学医学部の研究班は,改変したヒトのマクロファージ(貪食細胞)とキメラ抗原受容体(CAR)を組合わせた独自の新技術「キメラ抗原受容体(CAR)マクロファージ(以下CAR-M)」が固形がんの治療に有効であることを示唆する前臨床研究を,2020年3月23日付でネイチャー・バイオテクノロジー(Nature Biotechnology)誌に発表した(Klichinsky M, et al:Nat Biotechnol, https://doi.org/10.1038/s41587-020-0462-y, 2020).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2020年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2020年6月号 Vol.38 No.9
酸素環境と臓器機能
感知・応答のメカニズムから最新の酸素イメージングまで

武田憲彦,田久保圭誉/企画
サイドメニュー開く

TOP