News & Hot Paper Digest
ニュース

さらなる治療可能性の広がりを見せる免疫チェックポイント阻害剤

MSA Partners

FDAは2022年3月4日,  Bristol-Myers Squibb(BMS)社が販売する免疫チェックポイント阻害剤のオプジーボ(Opdivo,一般名nivolumab)を,切除可能な非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者に対して化学療法と併用するネオアジュバント療法として追加承認したと発表した.

免疫チェックポイント阻害剤が,手術前の補助療法であるネオアジュバント療法としてFDAに承認されたのは今回がはじめて.免疫チェックポイント阻害剤はこれまでアジュバント(術後補助)療法や,切除不可能ながん治療を適応に投与されてきたが,ネオアジュバント療法によりさらに高い有効性を得られる可能性が複数の研究で示唆されていた.NSCLCのネオアジュバント療法をFDAが承認したのも,今回がはじめてとなる.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

DOI:10.18958/7011-00004-0000161-00

2022年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2022年6月号 Vol.40 No.9
病を「腸」から攻略する マイクロバイオーム創薬

金 倫基/企画
サイドメニュー開く

TOP