研究成果をもっと伝える プレゼンテーション スライド作成講座
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発表が楽しくなる!研究者の劇的プレゼン術

このコーナーでは,『実験医学』2010年9月号から全5回にわたって掲載された連載「プレゼンテーション スライド作成講座」より,誌面を一部抜粋,公開いたします.大切な研究成果をもっと魅力的に発表するための,すぐに活かせるスライド作成のTipsを,著者ならではの視点でご解説いただいています.ぜひご一読ください.なお本連載をもとに,ポスター発表や口頭発表についても強化した単行本『研究者の劇的プレゼン術』は,好評販売中です! (編集部)

データスライド と つなぎスライド

実験医学2010年9月号掲載 連載 第1回より)

論文では本文テキストが研究内容のストーリーを辿り,口頭発表では“演者の語り”がストーリーを辿る.そしてそれぞれの説明を補助するために視覚的な資料が使われる.論文では実験データをまとめたグラフや表,あるいは方法・結果や仮説をまとめた略図がこれに当たる.一方,口頭発表の視覚的資料であるスライドには,論文と同様の“実験や仮説にかかわるグラフや表・略図”(これをデータスライドとよぶことにする)以外に,口頭発表で重要な“情報の連続性”を維持するための「つなぎ」のスライドが特に必要になってくる.このつなぎスライドがない口頭発表はどうしたって切れ切れになり,聴衆を飽きさせることにもなりかねない.口頭発表ではデータスライドとつなぎスライドを上手く連携させることを頭に入れて,内容を構成することが大切だ.

図 架空講演でのデータスライドとつなぎスライドの使用例 表1 口頭発表におけるデータスライドとつなぎスライド

クリックして拡大

データスライドやつなぎスライドを構成するパーツや役割をさらに考えてみる(表1).データスライドに使用されるのはグラフであり,表であり,写真などの画像である.研究の背景や仮説・結論を説明するためにフローチャートやイラストを使うこともあるだろう.一方,つなぎスライドで一般的なのはテキストである.大抵の演者は講演タイトルを最初に見せて発表を始めるし,講演時間が長い場合は講演をいくつかのセクションに分けて小タイトルをつけ,アジェンダとして挙げることもある.これらは普通はテキストで示される.さらにイラストやイメージを要所で示して聴衆の注意を引いたり,研究内容を象徴するアイコンとして使用する.これらのつなぎスライドが,口頭発表で大切な“情報の連続性”を維持するのに使われる.口頭発表の構成から考えると,「導入」「メインメッセージ」「要約」の屋台骨を支えるのがデータスライドで,つなぎスライドは「導入」の一部,「要約」の一部と,それぞれのパートの境目で効果を発揮する.

データスライドとつなぎスライドの枚数や役割の重さの比率は,口頭発表の種類によって変わってくる.一般に講演時間が長くなればなるほど,データスライドに対するつなぎスライドの割合は多くなる.あるいは,学会での一般演題発表ではデータスライドが中心になるが,シンポジウムや基調講演,また特別講演ではつなぎスライドの使用頻度は高くなる.人事選考のセミナー(ジョブセミナー)やグラント獲得のためのヒアリングでは,データスライドと同等かそれ以上に,自分の研究スタンスや展望を聴者に理解してもらうためのつなぎスライドは重要だ.

Prev1Next

TOP

本連載を単行本化!使えるプレゼン術を大公開
発表が楽しくなる!研究者の劇的プレゼン術

発表が楽しくなる!研究者の劇的プレゼン術
見てくれスライド論&よってらっしゃいポスター論と聴衆の心をつかむ講演技術

プロフィール

堀口 安彦(Yasuhiko Horiguchi)
1987年,大阪府立大学大学院農学研究科博士後期課程修了,北里研究所,大阪大学微生物病研究所・研究生,助手,助教授を経て,2001年より同研究所教授.大学院生時代を含めて,これまでは細菌性タンパク毒素の機能と構造に関する研究を行ってきたが,最近は病原細菌が宿主に起こす特異病態の発現機構や病原細菌の宿主特異性を決める因子の解析などに興味を広げている.

おすすめ書籍

研究者の英語術
理系なら知っておきたいラボノートの書き方 改訂版
発表が楽しくなる!研究者の劇的プレゼン術
改訂第2版 PowerPointのやさしい使い方から学会発表まで
無敵のバイオテクニカルシリーズ「改訂第3版 バイオ実験の進めかた」