webセミナー「個別化時代の必須テクニック 患者由来がんモデルの作り方・活かし方」【再放送】

本ウェビナーは終了しました

医学と生命科学の総合情報誌「実験医学」が主催する,どなたでもご参加いただける無料ウェビナーです.各回のテーマにそって,研究者の皆さまのお役に立つ情報をお届けします.

1月27日に開催した本ウェビナーでは,講師の佐々木博己先生・筆宝義隆先生より,細胞株,CDX(Cell Line-Derived Xenograft),スフェロイド,オルガノイド,PDX(Patient-derived xenograft)といった様々な患者由来がんモデルの基礎的知見から利活用の動向までの幅広いご講演両先生のご経験に基づいて視聴者の疑問や悩みにその場で応える質疑応答をいただきました.

また,視聴者の皆さまからは『最新の圧倒的な知見を拝見できてワクワクしました』『新しい成果を交えての説明が具体的でわかりやすく、Q&Aも非常に参考になりました』『大変勉強になった。視野が広がった』といった好評のお声とともに,“ウェビナー再視聴”を多数希望いただきました.

そこでこのたび 1日限定で本ウェビナーを再放送いたします!

もう一度見たい方から,見逃してしまった方,初めて知った方まで,この再放送の機会をぜひご活用ください.

開催概要

開催日時 2022年3月1日(火) 下記時間帯にライブ配信(3回)
  • 1回目 10:00〜12:00
  • 2回目 15:00〜17:00
  • 3回目 20:00〜22:00
  1. ※ 各回の内容は同じものです(お申込いただくといずれの回も視聴いただけます)
申込締切 2022年2月28日(月)13:00
講師
  • 佐々木博己 先生
    (国立がん研究センター研究所 先端医療開発センター(EPOC)バイオマーカー探索TR分野 前分野長 / 基盤的臨床開発研究コアセンター(FIOC)創薬標的・シーズ探索部門 前部門長)


    筆宝義隆 先生
    (千葉県がんセンター研究所 発がん制御研究部 部長)


    大崎研 様(情報提供)
    (10x Genomics Inc.)

概要
  • 第1部入門レクチャー
  • 第2部Q&Aコーナー
  1. ※ Q&Aセッションの質問は1月27日のライブ配信時に視聴者からお寄せいただいたものです(新たに質問の受付はございません)
対象 がん研究者
  • 固形がんを扱う医師・病理医
  • がん免疫研究者
  • 希少がんの薬剤開発・臨床試験に従事する方
配信方法 Zoom(参加に必要なシステム環境はこちらをご確認ください)
  1. ※ ご参加方法を開催日前日までにメールにてご案内いたします
参加費 無料(メールマガジン「羊土社ニュース」ご登録)
定員 500名(申込先着順)

本ウェビナーは終了しました

サイドメニュー開く

TOP