こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第1回 火薬が心臓病を治す?

狭心症発作のときにニトログリセリンを使うことは,皆さん知っていると思います.このニトログリセリンは,ダイナマイトの原料でもありますが,火薬がなんで狭心症に使用されるようになったんでしょう?

昔ヨーロッパで,火薬工場で働いていた作業員が,休暇明けに出勤して仕事をはじめると,ひどい頭痛やめまいに悩まされるという苦情が相次ぎました.一方で,狭心症を患う従業員が,自宅では発作が起こるのに工場では起こらないというエピソードがあり,これに注目した医師が「火薬には血管を拡張させる作用があるんじゃないか?」と考えて研究したことで発見されたといわれています.

ニトログリセリンイメージ

このメカニズムは長年未解明だったんですが,1990年代になって,ニトログリセリンが加水分解されて硝酸ができ,さらに還元されて一酸化窒素(NO)が産生され,それが血管拡張のシグナル伝達物質である,ということが発見され,1998年のノーベル生理学・医学賞の対象となりました1,2).NOのような気体が,血管拡張や神経伝達,免疫反応のメディエーターとして働いているという発見は,生理学や薬理学の発展に大いに貢献し,世界を大きく変えたといっても過言ではありません.

ちなみに,現在医薬品として使われている硝酸化合物は,硝酸イソソルビドなどのニトロ基をもつ硝酸系の薬品が主で,医薬品のニトロをいくら集めても爆薬にはならないし,医薬品が爆発事故を起こすこともありませんよ.

文献

  1. Ignarro LJ, et al:Endothelium-derived relaxing factor produced and released from artery and vein is nitric oxide. Proc Natl Acad Sci USA, 84:9265-9269, 1987
  2. Murad F:What are the molecular mechanisms for the antiproliferative effects of nitric oxide and cGMP in vascular smooth muscle ? Circulation, 95:1101-1103, 1997

著者

  • 中尾篤典(岡山大学医学部 救急医学)
ドリルの反復練習で心電図判読の着眼点を知り,診断力を高める!

レジデントノート増刊 Vol.21 No.2
心電図診断ドリル
波形のここに注目!

森田 宏/編
サイドメニュー開く

TOP