こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第66回 禁断の果実 リンゴ1日1個で医者いらず?

リンゴはアダムとイブが食べた禁断の果実であるという説があります.スティーブ・ジョブズ氏は,自分が創立した会社を「アップル」と命名しました.また,最近では「リンゴダイエット」なるものも出てきました.このように一般にリンゴにはよいイメージがあります.1866年頃からイギリスのウエールズ地方で “An apple a day keeps the doctor away”(1日1個のリンゴで医者いらず)という諺が言われはじめ,これ以来リンゴは民衆の健康習慣の象徴のように思われてきました1)

リンゴは,豊富な食物繊維やビタミン,ミネラル,フラボノイドの一種であるクェルセチンを含んでいて,ダイエットや心血管系疾患,がんに対する効果まで報告されています.しかし,これらの研究ではかなり偏ったリンゴの食べ方をしていて,日常生活に応用できるようなものではありません.

トリビアイメージ

もう少し現実的に,健康な人も含めた一般人がリンゴを1日1個以上食べると本当に医者いらずになるのか,を調べた研究があります2).全米健康栄養調査で18歳以上の8,399人を対象に,摂取した食べものを思い出して記述してもらい,過去1年間の保健医療サービス(入院,メンタルヘルスの専門家の受診)の利用,過去1カ月間の処方薬の使用を調べています.リンゴを毎日1個以上食べていた人は753人(9%)であり,非常食者の7,646人(91%)と統計学的に人種や性別,年収などで調整し比較すると,両者の健康状態に差はみられませんでした.しかし,2010年に米国の成人が支払った処方薬代に基づいて推算すると,1年間の処方薬の購入金額は,リンゴ常食者が1人あたり1,698ドルであったのに対して,非常食者は1,925ドルであり,もし米国の成人2億3,460万人全員がリンゴ常食者なら,処方薬に対して支払う金額は年間472億ドル少なくなるそうです.一方で,リンゴ非常食者が常食者になった場合に必要なリンゴ代は総額約280億ドルかかるので,米国の成人全員がリンゴを常食すれば年間192億ドルの薬代が節約できる,という少し強引な結論が導かれています.

「1日1個のリンゴで医者いらず」は事実ではなかったのですが,この研究結果は将来的な国民の健康問題を解決し,医療費を削減するための重要なヒントであるかもしれません.米国の元国務長官で大統領の有力候補にもなったヒラリー・クリントン氏が,この結果に大変興味をもっていたというのは,有名な話です.

文献

  1. Phelps CE:An apple a day. A futuristic parable. N Engl J Med, 330:797-799, 1994
  2. Davis MA, et al:Association between apple consumption and physician visits:appealing the conventional wisdom that an apple a day keeps the doctor away. JAMA Intern Med, 175:777-783, 2015

著者

  • 中尾篤典(岡山大学医学部 救急医学)
救急の現場で見逃しがちな骨折をしっかり読影し,診断ができる!

レジデントノート増刊 Vol.21 No.17
骨折を救急で見逃さない!
難易度別の症例画像で上がる診断力

小淵岳恒/著
サイドメニュー開く

TOP