実験医学増刊 Vol.23 No.17

解明が進む

ウイルス・細菌感染と免疫応答

分子メカニズムから新たな治療戦略まで

  • 笹川千尋,柳 雄介,審良静男/編
  • 2005年10月05日発行
  • B5判
  • 226ページ
  • ISBN 978-4-89706-113-9
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内

ウイルス・細菌・免疫・感染症治療の各領域の最先端の研究成果がこの1冊でわかる!麻疹ウイルスを用いた標的癌治療や,抗マラリア薬・O157感染症の新規治療薬の開発など,最新治療法の開発の現状も詳しく紹介.

目次

概論:ここまでわかったウイルス・細菌感染と免疫応答の分子メカニズム〜感染症を克服するために【笹川千尋,柳 雄介,審良静男】

  • ウイルスの感染と疾患発症機構
  • 細菌感染と宿主応答
  • 病原体感染に対する免疫応答メカニズム
  • 臨床研究と新たな治療戦略

第1章 ウイルスの感染と疾患発症機構

1. マウス肝炎ウイルスおよびSARSコロナウイルスの細胞侵入機構:病原性発現への関与【田口文広】

  • コロナウイルススパイク(S)タンパク質の構造と機能
  • コロナウイルス受容体の構造と機能
  • MHVおよびSARS-CoVの細胞侵入経路
  • 細胞侵入の分子機構
  • MHVの受容体CEACAM1非依存性感染

2. HIV感染を制御する細胞性因子【小柳義夫】

  • HIV増殖とそれに必須の細胞性因子
  • 宿主側のHIV抑制因子

3. 植物ウイルスの宿主域決定因子【滝澤真理,渡辺雄一郎】

  • 植物ウイルスの宿主への侵入
  • ウイルスタンパク質と相互作用する宿主側の因子
  • ウイルスの感染が誘導する細胞死
  • RNAを介したウイルス抵抗性

4. アジアを襲う高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルス in 2004【八田正人,河岡義裕】

  • インフルエンザウイルス
  • 2003〜05年に起きた高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスの流行
  • ヒトにおける病態
  • ベトナムで分離されたウイルスの病原性

5.リバースジェネティクスを用いたパラミクソウイルス感染の解析【竹田 誠,柳 雄介】

  • 麻疹ウイルス
  • リバースジェネティクス技術の麻疹ウイルスへの導入
  • 麻疹ウイルスの細胞指向性とウイルス受容体
  • アクセサリータンパク質と麻疹ウイルスの病原性
  • 長い非翻訳領域と麻疹ウイルスの複製
  • パラミクソウイルスをベクターとして利用する

6. ヘルペスウイルスの潜伏感染と慢性疾患【近藤一博】

  • ヘルペスウイルスの潜伏感染の特色
  • ヘルペスウイルスの潜伏感染細胞
  • ヘルペスウイルスの潜伏感染・再活性化の機序
  • ヘルペスウイルスの潜伏感染・再活性化と疾患

7. ポリオウイルスのトロピズムに関与するインターフェロン応答【小池 智】

  • ポリオウイルスの発症病理
  • トロピズムを支配していると考えられてきた因子
  • IFN応答の組織特異性への関与

8. 抗原エスケープ:宿主体内でのウイルス進化【佐々木 顕】

  • 抗原エスケープ
  • 逃げる病原体と追う免疫系の宿主内共進化
  • 配列空間上の病原体エスケープ

第2章 細菌感染と宿主応答

1. 腸管病原性大腸菌の感染機構【阿部章夫,桑江朝臣】

  • タイプⅢ分泌装置の構造と機能
  • エフェクターの機能

2. 細菌感染とユビキチン・プロテアソーム【久堀智子】

  • ユビキチン・プロテアソーム系
  • エルシニアエフェクターYopJ
  • アグロバクテリア病原因子VirF
  • UPEC毒素CNF1
  • サルモネラエフェクターSopE,SptP

3. オートファジーと細菌感染【小川道永,笹川千尋】

  • 哺乳類細胞におけるオートファジー
  • 細菌感染とオートファジー

4. ブルセラ属菌のマクロファージ感染と細胞内輸送にかかわるプリオンタンパク質【度会雅久】

  • B. abortusのマクロファージ感染様式と脂質ラフト
  • 脂質ラフトに存在する分子とB. abortusの相互作用
  • マクロファージにおけるB. abortusの細胞内輸送と増殖

5. 低分子量GTP結合タンパク質を標的にする細菌性病原因子【堀口安彦】

  • Rhoファミリータンパク質
  • 低分子量GTP結合タンパク質に影響を及ぼす細菌性病原因子
  • ボルデテラ壊死毒(DNT)と細胞壊死因子(CNF)
  • 低分子量GTP結合タンパク質機能の修飾と細菌感染

6. 抗菌ペプチドによる腸管の感染防御機構【綾部時芳】

  • 抗菌ペプチド
  • 腸管粘膜免疫
  • 自然免疫担当細胞としてのパネート細胞
  • 今後の展望

第3章 病原体感染に対する免疫応答メカニズム

1. Toll-like receptorによる生体防御【植松 智,審良静男】

  • Toll-like receptorとその役割
  • TLRのシグナル伝達経路

2. 核酸成分を認識するTLRによる感染防御機構および自己免疫疾患との関係【改正恒康】

  • TLRによる微生物認識
  • TLRシグナルによるⅠ型インターフェロン産生
  • PDCによるTLR9シグナルの処理機構
  • 抗ウイルス免疫におけるTLR3の役割
  • TLRによる宿主由来核酸成分の認識
  • TLR9シグナルと自己免疫

3. 細胞内受容体によるウイルス感染の認識機構【小野口和英,藤田尚志】

  • 細胞内dsRNA受容体
  • 細胞内で細菌成分を認識する受容体Nod

4. 樹状細胞とウイルス免疫応答【米山博之】

  • DCは多彩な細胞集団である
  • mDCの動態とウイルスのエスケープ戦略
  • エスケープに対するDCの戦略(Ⅰ):クロス・プレゼンテーション
  • エスケープに対するDCの戦略(Ⅱ):pDCを含む多彩な亜集団
  • おわりに:DC亜集団の相互作用

5. NK細胞受容体によるウイルス感染細胞の認識機構【佐藤毅史,荒瀬 尚】

  • NK細胞受容体
  • ウイルスの免疫逃避機構とNK細胞受容体
  • 病原体によるNK細胞受容体の進化

6. 感染免疫に重要なIFN-γ産生細胞に関する新たな知見〜NK細胞とDCのどちらがIFN-γを産生するか?【永井重徳,小安重夫】

  • NK細胞はCD11clo細胞であり,IFN-γの主要な産生細胞である
  • CpGで活性化されたThy1.2DCから産生されるIFN-γが,自然免疫に重要な役割を果たす
  • NK細胞とDCの両方の性質をもつ細胞(NKDC)が存在し,多量のIFN-γを産生する

7. 細菌感染とT細胞応答【吉開泰信】

  • 自然免疫に近いT細胞応答
  • 獲得免疫にかかわるT細胞

8. 感染防御システムとしての腸管免疫系【竹田 潔】

  • 腸管感染症における病原微生物の侵入経路
  • 腸管免疫系のリンパ組織
  • 腸管免疫系の制御機構の破綻と炎症性腸疾患
  • 自然免疫系と慢性大腸炎
  • 大腸局所のマクロファージの機能
  • マクロファージにおけるIκBファミリー分子の機能

第4章 臨床研究と新たな治療戦略

1. 腫瘍溶解性麻疹ウイルスを用いた標的癌治療【中村貴史】

  • 麻疹ウイルス
  • 癌標的腫瘍溶解性麻疹ウイルス

2. Helicobacter pylori感染と悪性リンパ腫〜胃MALTリンパ腫の発症機構を中心に【福井寿朗,千葉 勉】

  • MALTリンパ腫の概念と分類
  • MALTリンパ腫の成因とH. pylori
  • 胃MALTリンパ腫病変モデルにおける病変発症のメカニズム
  • MALTリンパ腫からDLBCLへの悪性転化

3. CCR5を標的としたHIV-1感染症治療戦略【満屋裕明】

  • HIV-1の細胞への侵入と侵入阻害剤
  • ケモカイン受容体とケモカイン阻害剤
  • CCR5阻害剤の作用機序と抗HIV-1活性の構造学的解析

4. O157感染症の新規治療薬の創製【西川喜代孝】

  • Stxの構造とGb3糖鎖認識機構
  • グロボ三糖を集積させたStx阻害剤

5. 抗マラリア薬の開発:過去〜現在〜未来【綿矢有佑,金 惠淑】

  • キナ皮と合成抗マラリア薬
  • 葉酸代謝拮抗系抗マラリア薬
  • ベトナム戦争後に開発された抗マラリア薬
  • 新規抗マラリア環状過酸化物(N-89およびN-251)

6. 感染症予防のための粘膜ワクチンの開発【幸 義和,清野 宏】

  • 粘膜免疫の主役:分泌型IgA
  • 粘膜ワクチンの開発のための条件
  • 経口ワクチン開発の最短距離:植物ワクチン

関連情報

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:解明が進む ウイルス・細菌感染と免疫応答〜分子メカニズムから新たな治療戦略まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +540円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +960円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1230円
第2地帯(ヨーロッパ) +1230円
第3地帯(アフリカ、南米) +1610円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2360円
第2地帯(ヨーロッパ) +2600円
第3地帯(アフリカ、南米) +3080円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103831
  • 9784758122436
  • 9784758125260
  • 9784758122429
  • 9784758103817
  • 9784758125239
  • 9784758125222

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker