ヒトの病気に潜む進化の記憶を探る進化医学

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
進化医学 人への進化が生んだ疾患

本コンテンツでは,「実験医学」に2012年4月から全6回にわたって掲載された連載『ヒトの病気に潜む進化の記憶を探る 進化医学(井村裕夫)』より,連載 第4回と第4回を抜粋,公開いたします.ゲノムの個人差,個の医学が注目される現代,ゲノム進化の立場から医学を見つめなおす学問分野として,その重要性をさらに増している「進化医学」.ヒトの宿命と生命の原理にも迫る内容をぜひご一読ください.本連載から大幅加筆・改訂された単行本「進化医学 人への進化が生んだ疾患➡」も,好評販売中です! (編集部)

凶暴な,あるいは温厚な寄生体-2

実験医学2012年7月号掲載 連載 第4回より)

微生物の病毒性,ビルレンス

すでに述べたようにわれわれは多くの微生物とともに生活している.その多くは無害か,若干の利益を与えあっていて均衡状態にある.しかしそのなかには,宿主の状態の変化とともに,牙を剥くものも存在する.すでに述べた結核菌はその一例で,長い潜伏期の後に,免疫機能の低下によって発病することがある.またはじめから人体に病気を起こす病原性微生物もその数は多い.この病毒性の程度をビルレンス(virulence)という言葉で表す.われわれが接する微生物には,ビルレンスの強いものから全くないものまで種々のものがある.

① 伝播様式とビルレンス

ビルレンスと関係するものの1つに伝播の形式がある.例えば蚊などの媒体者がいる場合には,宿主が動けないようにした方が伝播に有利である.媒介者には病原性はなく,例えばマラリアの場合マラリア原虫はむしろ蚊の食欲を刺激するといわれている.また親から子へ伝わる垂直感染の場合には一般にビルレンスは弱い.例えばすでに述べた成人T細胞白血病の病原ウイルスHTLV-1は母乳を通して親から子へ伝えられる.その他性行為によっても感染するが,これは白血球を介するもので男性から女性へ感染する.このウイルスのキャリアで白血病を起こす頻度は0.4%と低く,発病の平均年齢は57歳であるので,寿命の短かった古い時代には白血病を起こす人はきわめて稀であったと考えられる.このウイルスは多くの子孫を残すという意味では成功者であったとはいいがたいが,一定の地域で着実に繁殖し続けてきた点では成功したといえる.一方同じ集団の個体間で感染する水平感染の場合には,ビルレンスの強いものが多いが,これも伝播の形式によって異なる.糞便を通して次の個体に感染する経口感染の場合には,激しい下痢によって糞便を撒き散らした方が伝播に有利である.経気道感染の場合には,咳嗽(いわゆる“せき”)と喀痰で次の個体へ広がろうとする.しかし性行為感染症の場合には,すぐに発症すると感染個体を増やすことができない.したがって初期には症状はほとんどないか軽微で,その間に病原体が伝播する(HIV,梅毒はまさにこの例である).

② 環境条件とビルレンス

ビルレンスは環境条件によって変化しうる.例えばインドは古来コレラの流行に悩まされ続けてきた.そこで1950年代~1960年代にかけて,コレラの多い地方で浄水事業が行われるようになった.それによって古典的なコレラが減り,ビルレンスの弱いエルトール型が増加した.赤痢でも環境条件の改善によって,ビルレンスの強い志賀菌が影を潜め,毒性の弱いフレキシナー菌へ,さらにゾンネ菌へと変わってきている.

123>Page1/3

TOP

人はなぜ病気になるのか? 進化に刻まれた分子記憶から病気のメカニズムに迫る
進化医学 人への進化が生んだ疾患

進化医学 人への進化が生んだ疾患

プロフィール

井村 裕夫(Hiroo Imura)
1954年,京都大学医学部卒業,内科学とくに内分泌代謝学を専攻,’77年より京都大学教授,視床下部下垂体系,心血管ホルモン,膵ホルモンの研究に従事,’91年,京都大学総長に選出され,高等教育一般にかかわる.’98年,総合科学技術会議議員として,第2期科学技術基本計画の策定,科研費などの研究費の増額,新しい研究施設の整備などに努力.2004年より先端医療振興財団理事長として神戸医療産業都市構想の実現に努めると同時に,科学技術振興機構研究開発戦略センターで臨床研究の振興方策を提言,またこれからの臨床研究として先制医療の重要性を提言している.一方生命進化の過程から病気の成り立ちを考える進化医学に興味をもっている.

おすすめ書籍

研究者の英語術
理系なら知っておきたいラボノートの書き方 改訂版
発表が楽しくなる!研究者の劇的プレゼン術
改訂第2版 PowerPointのやさしい使い方から学会発表まで
無敵のバイオテクニカルシリーズ「改訂第3版 バイオ実験の進めかた」