News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

見えてきたマイトファジーと代謝性疾患との関連

長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 武田弘資

ネルギー要求性の高まった細胞では,エネルギー産生の中枢を担うミトコンドリアそのものを増やす,いわゆるミトコンドリア生合成という機構によって恒常性が保たれることが知られている.その一方で,エネルギー代謝を維持するうえでのミトコンドリアの分解の重要性についてはあまり触れられてこなかった.

ミトコンドリアの分解機構として最近広く注目されているのが,選択的オートファジーによるミトコンドリア分解,すなわち

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年8月号 Vol.31 No.13
細胞の運命決定とリプログラミング
iPS細胞がもたらしたビッグバン マスター因子探求と再生,疾患リプログラミング

鈴木淳史/企画
サイドメニュー開く

TOP