News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

マイクロRNAによるC型肝炎ウイルス感染患者を対象とした臨床試験

京都大学大学院医学研究科 川上浩司

イクロRNAはmRNAの特定の部位に結合する小さなノンコーディングRNAであり,細胞の増殖や分化,発生時期,アポトーシス,ウイルス感染における宿主応答に関連する.

C型肝炎ウイルス(HCV)感染症は世界に1億7,000万人おり,肝硬変や肝細胞がんへと進行し,多くの西洋諸国では肝臓移植の主たる原因となっている.HCVの安定性と増殖は,HCVのゲノムと肝臓に発現するマイクロRNA-122 (miR-122) の相互作用に依存している.New England

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年8月号 Vol.31 No.13
細胞の運命決定とリプログラミング
iPS細胞がもたらしたビッグバン マスター因子探求と再生,疾患リプログラミング

鈴木淳史/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート