News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ナノ温度計による細胞の健康診断

東京農工大学大学院工学府生命工学専攻 養王田正文

とんどすべての化学反応は熱の発生と吸収を伴う.細胞内でも代謝により熱が発生する.これまで,その熱による温度分布は測定が困難なことから余り考慮されていなかった.しかし,例えば,ミトコンドリアは細胞内の発電所であり,呼吸に伴い発生する廃熱が周囲に大きな影響を与えていることは間違いない.また,細胞内の温度の空間分布を測定することにより,細胞内の代謝の状態を明らかにすることができる.しかし,細胞は小さく

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年10月号 Vol.31 No.16
フレミングが夢見た染色体の核心
コンデンシン・コヒーシンの発見から16年

平野達也/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
発光イメージング実験ガイド
AIとがん研究 その妥当性、有効性
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
食品衛生学 改訂第2版
がん生物学イラストレイテッド 第2版
HLAと疾患感受性
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート