News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

「細胞の成長」が回路に組み込まれた幹細胞分化の転写制御

東京大学複雑系生命システム研究センター 若本祐一

験管の中で起こる化学反応と,細胞の中で起こる化学反応の決定的な違いは何だろうか? その1つとして,細胞は成長し分裂するという事実が挙げられる.つまり,細胞内反応は固定容器ではなく,系のサイズが常に変化する状況下で進行する.分裂は,1つの細胞内の各分子の数をおおよそ半分にするだろうし,成長により細胞の体積が大きくなれば,既存の分子は希釈される.細胞内の発現調節反応を考える際,このような細胞の成長・分裂の

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年10月号 Vol.31 No.16
フレミングが夢見た染色体の核心
コンデンシン・コヒーシンの発見から16年

平野達也/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
発光イメージング実験ガイド
AIとがん研究 その妥当性、有効性
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
食品衛生学 改訂第2版
がん生物学イラストレイテッド 第2版
HLAと疾患感受性
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート