News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ナルコレプシーは,やはり自己免疫疾患だった

マサチューセッツ総合病院/ハーバード大学   柏木 哲

ルコレプシーは昼間の過度の眠気,情動脱力発作,入眠時レム睡眠などに特徴づけられる慢性疾患であり,視床下部のオレキシン (orexin. ヒポクレチンhypocretinともよばれる) という覚醒を司る神経ペプチド産生ニューロンの欠落によって起こることが知られていた.HLA (ヒト白血球型抗原;ヒトの主要組織適合遺伝子複合体) DQのハプロタイプDQ0602と相関が認められることから自己免疫疾患ではと

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年5月号 Vol.32 No.8
トランスオミクスで生命の地図を描け!
遺伝子・タンパク質・代謝物をつなぐビッグデータ時代のサイエンス

黒田真也,中山敬一/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート