News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

DNA修復への障害を取り除く新たな役者

フリードリヒ ミーシャー生物医学研究所 島田健士

核生物遺伝子の複製は3種類のDNAポリメラーゼ (polα,polδ,polε) によって正確にコピーされ,DNAリガーゼによる新生鎖のライゲーションで完了する.またすべてのDNA修復は損傷除去後,DNAライゲーションにより完了する.すなわちDNAライゲーションはDNA複製,修復において,遺伝子を安定に保つために必須な最終ステップである.DNAリガーゼの反応は,ATP依存的なリガーゼ-AMP複合体形成,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年5月号 Vol.32 No.8
トランスオミクスで生命の地図を描け!
遺伝子・タンパク質・代謝物をつなぐビッグデータ時代のサイエンス

黒田真也,中山敬一/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート