News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

DNA修復への障害を取り除く新たな役者

フリードリヒ ミーシャー生物医学研究所 島田健士

核生物遺伝子の複製は3種類のDNAポリメラーゼ (polα,polδ,polε) によって正確にコピーされ,DNAリガーゼによる新生鎖のライゲーションで完了する.またすべてのDNA修復は損傷除去後,DNAライゲーションにより完了する.すなわちDNAライゲーションはDNA複製,修復において,遺伝子を安定に保つために必須な最終ステップである.DNAリガーゼの反応は,ATP依存的なリガーゼ-AMP複合体形成,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年5月号 Vol.32 No.8
トランスオミクスで生命の地図を描け!
遺伝子・タンパク質・代謝物をつなぐビッグデータ時代のサイエンス

黒田真也,中山敬一/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート