News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

全ゲノム関連解析におけるimputation法の進展

理化学研究所統合生命医科学研究センター 鎌谷洋一郎

の10年ほどの間に行われた全ゲノム関連解析(GWAS)によって,多数の複雑遺伝性疾患の疾患感受性遺伝子が明らかとなった.これにより新規に発見された感受性遺伝子は,それをターゲットとしたゲノム創薬へと発展していく道筋にある.一方,個別化医療への応用という観点から見ると,GWASの結果のみでは予測能がまだ低く,疾患発症要因のうち遺伝的成分の割合を示す遺伝率が十分説明できていない (missing heritability) ということから,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年9月号 Vol.32 No.14
DEAD or ALIVE 小胞体ストレスが細胞の運命を決める

上原 孝/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート