News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

免疫分子MHCによるシナプス刈り込み制御のメカニズム

群馬大学医学系研究科神経生理学分野 平井宏和

達期の中枢神経系において,神経細胞は周辺の多くの神経細胞にシナプスを形成した後,あるシナプスは増強され,また別のシナプスは減弱し,やがて除去される.このようなシナプスの選択過程は感覚入力がなくても起こることが知られている.

左右の眼からの網膜神経節細胞の軸索は最初,左右特に決まりなく視床の外側膝状体核にシナプス入力する.その後,増強と除去が起こり,各眼特異的かつ,位置特異的な層が外側膝状体核に形成される.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年9月号 Vol.32 No.14
DEAD or ALIVE 小胞体ストレスが細胞の運命を決める

上原 孝/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート