News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

データ駆動型アプローチによるがんの脆弱性予測

産業技術総合研究所 富井健太郎

んの治療法の開発にはさまざまなアプローチがとられている.そのなかの1つである合成致死性(synthetic lethality)に基づく治療法の開発に向けた,統計科学を応用した取り組み(Jerby-Arnon L, et al:Cell, 158:1199-1209, 2014)について紹介する.

合成致死(synthetic lethal;以下SL)とは,細胞や個体において単独では失活(あるいは欠損など)しても致死性を示さないが,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年2月号 Vol.33 No.3
多細胞社会が形をつくる、器官を生み出す
折れ曲がり、ねじれ、移動する

倉永英里奈/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート