News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

新たなDDSとしてのがん細胞標的化エクソソーム

京都大学大学院医学研究科薬剤疫学分野 堀部智久

年,がん治療のためのナノスケールレベルの薬物送達小胞への内包技術が進歩しており,これら内包された薬剤の腫瘍内への集積効率が改善されてきているが,免疫の活性化および毒性を抑えるという点ではなおも課題が多い.このため,腫瘍組織特異的で,毒性が低くかつ免疫原性のない薬剤の送達技術は,今後のがん治療のためにきわめて重要である.エクソソームは,数多くの細胞から分泌されるナノサイズの膜小胞(直径30〜100 nm)(Théry C, et al:Nat Rev Immunol, 2:569-579, 2002)であり,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年2月号 Vol.33 No.3
多細胞社会が形をつくる、器官を生み出す
折れ曲がり、ねじれ、移動する

倉永英里奈/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート