News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

カタログを調べて,直して,証明
CRISPRでPKCの発がんドグマを覆す

東京医科歯科大学難治疾患研究所 相田知海

ークエンス技術の発展によりヒトの全ゲノム塩基配列解読が容易になり,疾患に関連する変異の網羅的カタログ化が急速に進んでいる.30種・1万検体以上のがん細胞を対象とした,がんゲノムアトラス(TCGA:The Cancer Genome Atlas)はその代表例であろう.しかし変異カタログはあくまでも疾患と変異の「相関関係」である.疾患の原因となる真の変異をカタログから発見することが,ヒト疾患における「因果関係」と病態の解明,そして画期的な治療法開発につながると期待される.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年4月号 Vol.33 No.6
グルカゴン革命
糖尿病の真の分子病態を追え!

北村忠弘/企画