News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

[2015年ノーベル賞解説記事]
化学と生物学の境界領域

大阪大学大学院基礎工学研究科 岩井成憲

2015年のノーベル化学賞は,「DNA修復の機構研究」に対してTomas Lindahl(フランシスクリック研究所/クレアホール研究所),Paul Modrich(デューク大学),Aziz Sancar(ノースカロライナ大学)の3名に贈られた.

DNAは有機分子であるので,他の有機化合物と同様に化学反応を受ける.DNAは比較的不安定な化合物であり,加水分解を避けることができない.例えばシトシン塩基のアミノ基は加水分解を受けやすく,ウラシルに変換される.また,DNAに紫外線が当たると隣接するシトシンやチミンが架橋されて塩基の二量体が生じ,電離放射線の被曝や好気的代謝で生じる活性酸素は塩基の酸化をひき起こす.いわゆる発がん物質は代謝の過程で反応性を獲得し,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2015年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2015年12月号 Vol.33 No.19
オプトジェネティクス
細胞・組織・個体を光で操作する

田中謙二/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート