News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ジャコブやモノーも知らなかったオペロンの意外な役割

東京工業大学大学院生命理工学研究科 田口英樹

ペロンと言えば高校生物でも学ぶ分子生物学のイロハである.1960年代にJacobとMonodがオペロンによる転写調節のしくみを見事に解明した一連の研究は分子生物学の夜明けにおける金字塔の1つであることに疑いはない.オペロンでは,隣り合う一群の遺伝子が一本のmRNA(ポリシストロニックmRNA)に転写され,その転写調節をlacリプレッサーのような調節因子が担う.このポリシストロニックmRNAには関連機能をもったタンパク質,例えば,ヘテロオリゴマーの各サブユニット,がコードされている.今回紹介する論文

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2015年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2015年12月号 Vol.33 No.19
オプトジェネティクス
細胞・組織・個体を光で操作する

田中謙二/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート