News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

GABA細胞移植と脳疾患治療の大いなる可能性

東京女子医科大学生理学教室 三好悟一

次機能を司る大脳皮質は,情報伝達を担う「興奮性」ニューロンと局所情報をモジュレートする「抑制性」回路より成り立つ.皮質ニューロンの約2割が伝達物質GABAを用いて抑制を行うインターニューロンであり,機能的に特化したサブタイプの各々がただちに,ゆっくり,瞬間的,持続的などさまざまな形で皮質回路を局所的に抑制する.これら抑制系に重大な異常が生じた場合は回路が過度の興奮状態となり,てんかん症状などが現れる.てんかんはQOL(生活の質)に直結する深刻な疾患であるが,近年の基礎研究の成果からGABA細胞移植による治療への道筋が開けつつある.

皮質回路において

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2016年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年4月号 Vol.34 No.6
明かされる“もう1つの臓器”
腸内細菌叢を制御せよ!
宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで

福田真嗣/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート